法然上人二十五霊場満願&デブ遍路二人の四国遍路二巡目再開!

さて、2018年9月23日のお話ダスよ!

 

 

 

 

 

 

ゲンさん「俺のうどんの順番はまだなんかい!」
f:id:KOBANNAD:20180924193438j:imageはい、全国400万人のゲンさんファンの皆様こんにちは。

 

昨年11月の結願から約10ヶ月。

 

 

「西宮でいちばん焼肉が似合う男」

「四国を食い尽くす男」

「ただのデブ」

「胃腸は弱い」

などと数々の異名を持つ男ゲンさんが満を持して2巡目の四国遍路に復帰した今回のお話。

 

 

 

 

 

 

 

まずはゲンさんの学生時代からの同級生ハヤトくんともう一匹のデブが実は今回参加する予定だったのです。

 

 

 

しかしデブ(ゲンさんより2回りくらい大きい、臭い)の方が前日に仕事の都合が付かなくなり、ドタキャン(ー。ー#)

 

 

 

 

まぁお遍路や巡礼やってるモンからしたらそれは本当に【ご縁がない】としか言い様のない話なので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばご縁が無いといいますとね、ゲンさんの友達には全く関係ない話ですし

あくまでも一般的な話なんですがね。

 

 

 

いくら一緒に西国だろうが、

四国だろうが回っていてもいなくても。

人間同士の縁なんて儚いもんですよ。

 

 

 

他人なんて簡単に人を裏切ります。

 

 

 

私はだから本当に気持ちが知れて

「この人間には裏切られても自分に非があるわ」

と思えるような人間としか今後深く付き合う気はない。

 

 

 

ましてや一緒に寺社仏閣に行くようなお付き合いはものすごく限られた人間としかしないです。

 

 

 

 

こちらがどう考えてあげたり色々したとしても、

本人がバカなら時間の無駄以外の何物でもありませんからね。

 

 

 

 

で、こういった話をすると

自分に自信のない、

スキルも能力も価値観も低い

レベルの低い相手もしたくないような人間に限って、

 

陰口を叩いたり

私に直接モノを言えずに周りを攻撃したりします。

 

 

直接物事が出来ないというのは、ゴキブリ並みなんですよね、隠れて人の居ない所でゴソゴソと。

 

 

言いたい事があるなら死ぬ覚悟で来い、

覚悟も根性も無いくせにコソコソ泥棒みたいに人の周りをウロチョロすんなゴキブリ以下の存在がwww

 

 

 

 

死ねばいいのにwwwwwww

 

なんてお話です、あくまでも一般論です。

 

 

普通にしていれば私がこんな言葉を吐くはずもありませんからね、お遍路ですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話題を元に戻しましょう。

 

 

 

 

夜中の一時にレンタカーを借りて

一路神戸某所にありますハヤトくんの自宅近くの待ち合わせ場所に。

 

 

三人になったとたんに運転をハヤトくんがしてくれます。

 

 

ゲンさん非常に今回は楽そうです。

良かった良かったwww

 

 

 

 

そして一路日本三古泉のひとつ

道後温泉


f:id:KOBANNAD:20180924200004j:image朝6時の開門に合わせて皆さん並んで居ます。

 

ゲンさんとハヤトくんと三人並んで待ってたらいきなり背中をポンポンと叩かれたので振り替えると

新しい会社の同僚Oさんがwwwwwww

 

昨日仕事で話をしていてもし向こうで会えたらなんて話をしてたのです。

 

 

Oさんはお遍路ではなくお母さんを連れて温泉とうまいもの巡りをするとのこと。

 

 

いやはやビックリしたwww

 

 

しかしこれもご縁ですな。

 

 

 

 

道後温泉に浸かる。

 

 

 

いきなり湯中り気味のゲンさんwwwwwww

 

 

 

 

少し予定を早めて遍路に向かいます。

 

ここからはゲンさんの運転。

 

「四国はワシに任せろ」

と言わんばかりwww

 

 

 

今回は全て別格を回ります。

 

 

 

いわゆる数珠玉巡礼です。

ゲンさんのおばあちゃんが元気なうちに、

ゲンさんはおばあちゃんの為に数珠をこしらえてやりたいそうなのです。

 

(´;ω;`)泣かせる話じゃありませんか、デブなのに。

 

 

 

 

ハヤトくん「KOBAさん、デブ関係ないっすから!」

 

 

 

彼もなかなか真面目な方ですが、若い頃はヤンチャな感じやったらしいです。

なかなか楽しいお遍路になりそうな予感。

 

 

 

 

 

ってまずは腹ごしらえ。

石鎚山SAで朝ごはんを。

 


f:id:KOBANNAD:20180924201156j:image

松山ラーメンってなんだよwww

 

 

ゲンさんとハヤトくんはその松山ラーメンを

私は松山ラーメン&カレーライスをwww

 

 

 

お寺に向かう間に少しだけ真面目にハヤトくんに四国のお作法を説明。

なんちゃって先達wwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

そして


f:id:KOBANNAD:20180924201319j:image四国別格霊場第12番札所 いざり松延命寺さま

 

 

 

延命寺(えんめいじ)は、愛媛県四国中央市土居町土居に所在する真言宗御室派準別格本山の寺院。山号は摩尼山(まにざん)。本尊は延命地蔵菩薩。通称・いざり松(誓いの松)、千枚通し本坊。四国別格二十霊場十二番札所、伊予六地蔵霊場五番札所。

奈良時代に四国巡錫中の行基が開創したと伝えられる。伝承では平安時代前期、空海弘法大師)がこの地に松を植えた。その後、巡錫中に空海が植えた松の木の下で足の不自由な人を見た。空海は千枚通し霊符を創札し、霊符を一枚水に浮かべて飲ませると全快した。治癒してもらったこの人物はこれに感銘し空海より得度を受けた。法忍と名乗り、この地で千枚通しの霊符を継承したという。

この護符は当寺院で授かることができる。霊符を朝夕、祈念しながら飲むと病気平癒・安産に効果があるといわれている。

空海手植え伝説の松は「土居のいざり松」と呼ばれ、明治時代には枝が傘状に東西30m・南北20mに広がっていたという。しかし、昭和43年(1968年)末に枯死した。現在は幹だけが横たわり往時を偲ばせている。(Wikipediaより)

 

 

こちらのお坊さんは話好きな方で去年も色々とお話をしたのですが、

今回も納経帳開いた瞬間に

「おっ、私の字ですね。」

とか

「数珠玉と重ね印と合わせて1700万円~」

と相変わらず楽しいお方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、一路山道へ。

前回はナビの調子が悪く少し迷ってしまった、

 

 


f:id:KOBANNAD:20180924201928j:image
f:id:KOBANNAD:20180924201938j:image

別格霊場第13番札所 仙龍寺さま。

 

 

 

 

仙龍寺(せんりゅうじ)は愛媛県四国中央市新宮町に所在する真言宗大覚寺派の寺院である。詳しくは金光山(きんこうざん)遍照院 仙龍寺と号する。本尊は弘法大師で、かつては、四国八十八箇所六十五番札所三角寺と一体であり、その大師堂であったが、分離独立し今はその奥の院になっている。四国八十八箇所奥の院と云われ、四国別格二十霊場十三番札所、四国三十六不動尊霊場二十六番札所でもある。

旧新宮村の国道319号沿いにあり、銅山川を見下ろす山中に所在する。境内は崖の途中にあり、本堂は舞台造りとなっている。本堂前広場の下には滝が流れている。

伝説によれば法道仙人がこの地に居を構えたことに始まるとされる。平安時代初期の弘仁6年(815年)空海弘法大師)が42歳の時にこの山を訪れた。空海はここに住んでいた法道仙人よりこの地を譲り受け、厄除と虫除五穀豊穣の護摩修行を21日間行ったとされる。修行満願成就の後に空海は自身の姿を刻んだと言われ、この本尊は「厄除大師」または「虫除大師」と呼ばれるようになった。(Wikipediaより)

 

 

 

実はKOBANNADこの時に大失態を起こしてしまいます。

 

 

別格の数珠を作る為に数珠玉を頂きに別格を巡っているのに

自分の完成させた数珠を忘れて置いてきてしまうミス。

 

 

 

 

しかもそれに気付くのは次の札所でお参りをする際www

 

 

 

情けない(ノ´∀`*)

 

 

 

 

とりあえず喉渇いて自販機探しながら道中を急いでたんですね。

 

自販機発見。



f:id:KOBANNAD:20180924202654j:imageおへんろ。コーラ発見。

 

 

 

 

そして到着


f:id:KOBANNAD:20180924202733j:image
f:id:KOBANNAD:20180924202743j:image
f:id:KOBANNAD:20180924202757j:image
別格霊場第14番札所 椿堂さま。

 

 

常福寺(じょうふくじ)は愛媛県四国中央市にある高野山真言宗の寺院で、通称の椿堂で呼ばれている。詳しくは邦治山不動院椿堂常福寺と号する。本尊は椿堂の本尊地蔵菩薩延命地蔵菩薩)と常福寺の本尊不動明王(非核(火伏)不動尊)の二尊ある。

当寺院は四国中央市東部に位置し国道192号南側で、三角寺からの遍路道沿いにある。

伝承によれば平安時代初期の大同2年(807年)邦治居士(ほうちこじ)が地蔵菩薩を祀り当地に庵を構えたことに始まるという。更に伝承では、弘仁6年(815年)四国巡錫中の空海弘法大師)が当時この地で熱病が流行しているのを聞き、杖をもってその邪気を地中に封じ込めたという。空海が立てた杖から椿が芽を出しやがて大木となったという。その伝承より「椿堂」と呼ばれるようになった。

常福寺は、当初少し下った新田神社の横にあったが、火災により石川部落に再建されるも江戸時代中期の宝暦11年(1761年)再び全焼した。このため、椿堂の場所に合併復興し「椿堂常福寺」とした。

幕末の安政6年(1859年)に寺院は火災に遭い椿も焼亡した。現在の椿は焼け跡から再び芽が出たもので、「大師お杖椿」と呼ばれ境内の向かって右側に生育している。

境内の建物は老朽化が進んだため、本堂は昭和59年(1984年)、大師堂は平成17年(2005年)に再建された。2体の本尊のうち非核(火伏)不動尊は大聖不動尊と呼ばれていたが、核兵器廃絶を願い呼び名を改めた。

旧大師像は小像ゆえ新しい大師堂に見合う大きさの大師像が欲しいとの発願で、京都の平安仏所の仏師・江里康慧に依頼し、衣の截金部分は江里の妻である江里佐代子(人間国宝)に依頼し造られた。本尊の地蔵菩薩立像の修復をした縁で製作を快諾したとのことである。旧大師像は新しい大師像に胎内仏として納められている。

(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂に向かって、手を浄めて

ロウソク、線香、納め札、賽銭………………

 

 

じ、数珠が無い!

 

みたいな感じでしたね。

 

 

内心冷や汗タラタラ、だけど初めてのハヤトくんも居るし久しぶりのゲンさんも居るし。

 

 

ひとまず冷静に数珠はありませんでしたがお勤めをして、大師堂→納経所へと。

 

ここは今年の親玉授与所なので親玉も買って。

 

 

 

仙龍寺さまに電話。

 

 

 

 

「あぁ、ありますよ。保管してます。」

 

 

 

 

………た、助かった。

 

 

 

帰ってから返信用封筒と切手を同封してお寺に送るとそれに数珠入れて送ってくださるとのこと。

ありがたい。

 

 

 

 

 

 

気を取り直して山を越え、

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180924203646j:image萩まつりでにぎわう


f:id:KOBANNAD:20180924203713j:image境内を歩く


f:id:KOBANNAD:20180924203733j:image

雲辺寺の麓にあります別格霊場第16番札所 萩原寺さま

 

 

 

 

萩原寺(はぎわらじ)は香川県観音寺市大野原町萩原に所在する真言宗大覚寺派別格本山の寺院。詳しくは、巨鼇山(きょごうざん)地蔵院 萩原寺と号する。本尊は地蔵菩薩(伽羅陀山火伏地蔵菩薩)。

四国別格二十霊場十六番札所、四国三十六不動尊霊場二十八番札所、四国讃州七福之寺辨財天。

御詠歌:尊くも 火伏をちかふ 地蔵尊 はぎの御山に 世を救ふらむ
香川県内有数の萩の名所である。「萩寺」とも呼ばれ、境内に24種、約2,000株の萩が植えてあり9月中旬から下旬に、いたるところで咲き乱れる。毎年その頃、当寺院を中心に周辺の、萩の丘公園、雲辺寺ロープウェイなどの会場で「萩まつり」が開催され、本堂で琴の演奏会や本堂前広場で茶会が行われる。

寺伝によれば、平安時代初期の大同2年(807年)空海弘法大師)が建立したという。この時、空海は千手観音と地蔵の2体の菩薩像を刻んだといわれる。千手観音は四国八十八箇所六十六番雲辺寺に、地蔵菩薩は当寺院にそれぞれ安置したと伝えられていて、雲辺寺の前札所である。

開創から約100年後の延喜3年(903年)醍醐天皇の勅旨談義所となった。天慶2年(929年)朱雀天皇は讃州四箇談義所の一か寺に定めた。

室町時代中期の応永年間(1394年 - 1427年)に真恵僧正が中興し、室町幕府管領細川勝元の祈願所となった。明応2年(1492年)の記録によれば讃岐、伊予、阿波に280余寺の末寺を従える大寺であったことが窺える。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

時間はお昼前

 

前回伺ってどうもゲンさんははまったらしい

 

観音寺のうどんの銘店 カマ喜riさんへ。


f:id:KOBANNAD:20180924204027j:imageうどん見つめるハヤトくん


f:id:KOBANNAD:20180924204039j:image相変わらずのゲンさん


f:id:KOBANNAD:20180924204145j:image朝にカレー食ったのに限定のクリームカレーうどん

エビ入りかき揚げといなり寿司とおにぎりを食う俺www


f:id:KOBANNAD:20180924204251j:image更に冷やしのぶっかけうどんを食うwwwwwww

 

 

 

うどんののどごしツルツルみたいなのが好きな方には合わないと思いますが、

噛み締めるとギュッギュッと歯ごたえと小麦のうまみと香りが口一杯に広がるタイプのうどんですわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は瀬戸内海方面に向かって走ります。

 


f:id:KOBANNAD:20180924204516j:image
f:id:KOBANNAD:20180924204552j:image

別格霊場第18番札所 海岸寺さま。

 

 

海岸寺(かいがんじ)は香川県仲多度郡多度津町に所在する真言宗醍醐派の寺院。山号は経納山。詳しくは経納山 迦毘羅衛院(かびらえいん) 海岸寺と称する。寺院は本坊と奥の院からなる。本尊は本坊が正観音、奥の院弘法大師誕生仏。

瀬戸内海に面した屏風ヶ浦海岸に位置する。寺院は本坊と奥の院からなり、本坊と奥の院との間にさぬき浜街道とJR予讃線が通っている。

現在、本坊には山門、本堂、不動堂、鐘楼等があり宿坊と海岸寺ユースホステルを併設している。ここの山門は日本で唯一、仁王像の代わりに実際に昭和期の第二次世界大戦後に活躍した地元出身力士の琴ヶ浜(向かって右)と大豪(向かって左)の像が立っている。

奥の院には山門、大師堂、弘法大師産湯の井戸、大塔、文殊堂、御盥山不動坊、そしてミニ八十八カ所等がある。

寺伝によれば、ここは空海弘法大師)の母親である玉依御前の出身地とされる。更に空海奈良時代後期の宝亀5年(774年)に当寺奥の院で生まれたとされており、弘法大師出化初因縁(しゅっけしょいんねん)の霊跡と言われる。

平安時代初期の大同2年(807年)空海弥勒菩薩を刻み、堂宇を構えたのが当寺院の開創と伝えられている。弘仁6年(816年)には空海が自身の像を刻み、大師堂を建てたことにより奥の院が開かれたとされる。

戦国時代には土佐の戦国大名長宗我部元親の進攻に遭い天正11年(1583年)には伽藍が焼亡し、天正18年(1590年)より随時再建がなされた。(Wikipediaより)

 

 


f:id:KOBANNAD:20180924204813j:image
f:id:KOBANNAD:20180924204827j:image
f:id:KOBANNAD:20180924204837j:image大師堂は離れた場所にあります。


 

 

 

 

 

 

そこから更に走ります

 


f:id:KOBANNAD:20180924205006j:image同級生仲良く手水場で浄めてます。


f:id:KOBANNAD:20180924205021j:image

別格霊場第19番札所 香西寺さま

 

 

 

 

香西寺(こうざいじ)は香川県高松市に所在する真言宗大覚寺派の寺院。山号は寶幢山(ほうどうざん)。本尊は延命地蔵と称する地蔵菩薩四国別格二十霊場第十九番札所、四国三十三観音霊場第三十三番札所、四国讃州七福之寺毘沙門天

高松市北西部の勝賀山北東麓に位置する。仁王門からほぼ一直線に参道を進むと本堂がある。本堂向かって右側に国の重要文化財に指定されている毘沙門天立像を安置する毘沙門堂がある。更にその右には大師堂兼護摩堂がある。

寺伝によれば、奈良時代天平11年(739年)に行基が勝賀山の北麓に庵を結び、宝幢を刻んで宝幢山勝賀寺として創建したといわれている。この場所は奥の堂と呼ばれており、奈良時代平安時代の瓦片が出土することから寺院跡とみなされ、勝賀廃寺と呼称されている。平安時代前期の弘仁8年(817年)空海弘法大師)が現在地に寺院を移し、地蔵菩薩像を刻んで安置したと言われる。

嵯峨天皇勅願寺となり、朱雀天皇讃岐国勅旨談議所となったが、その後は衰微していたようである。 鎌倉時代になり、この地の豪族・香西左近将監資村が鎌倉幕府の命により寺院を再興し香西寺と名付けた。その後は香西氏の庇護を受けることとなった。

南北朝時代には室町幕府守護大名細川頼之が本津(現在の香西東町)に移転し、香西氏11代当主の香西元資が地福寺と改称した。

戦国時代の天正年間(1573年 - 1592年)には戦火により伽藍が焼亡した。桃山時代讃岐国の大名として配された生駒親正が復興し高福寺と名を改めた。

江戸時代前期の万治元年(1658年)失火により伽藍を焼失し、再び現在の地に移転した。寛文9年(1669年)高松藩初代藩主松平頼重が伽藍を整備し別格本山 香西寺と改称した。しかし、その後も失火に見舞われ再建がなされている。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

こちらのご住職はいつも優しいお顔で話かけてくださいます。

ありがたい事です。

 

 

 

 

 

さて、四国に来てまさかの遍路以外のお寺へ向かいます!

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180924205631j:image
f:id:KOBANNAD:20180924205643j:image
f:id:KOBANNAD:20180924205654j:image 


法然上人二十五霊場第2番札所 法然寺さま

 

 

法然寺(ほうねんじ)は、香川県高松市にある浄土宗の寺院。山号は仏生山。詳しくは、仏生山 来迎院 法然寺と称する。本尊は法然作と伝わる阿弥陀如来立像。法然上人二十五霊場第二番札所、さぬき七福神の大黒天。

鎌倉時代前期の建永2年(1207年)に讃岐に配流された浄土宗開祖の法然が立ち寄った那珂郡小松荘(現まんのう町)に生福寺が建立される。

江戸時代前期の寛文8年(1668年)に徳川光圀の実兄にあたる高松藩初代藩主松平頼重が、戦乱で荒れ果てていた生福寺を法然寺と改名して、香川郡百相郷(現在地)に3年の歳月を要し移転・建立した。寺院背後の仏生山丘陵上を削平し「般若台」と呼ばれる松平家墓所を設けて、当寺院を高松松平家菩提寺とした。

本堂(明治40年(1907年)に再建)・三仏堂(別名:涅槃堂)・二尊堂・来迎堂・十王堂など現在も当時の建物が多く残っていたが、平成26年(2014年)1月13日に二尊堂が全焼で初の火災となった) (Wikipediaより)

 

 

 

またこちらのお寺はアニメ「うどんの国の金色毛鞠」の舞台にもなっています。

↓↓↓参考画像


f:id:KOBANNAD:20180924205922j:image

 

はい、そうなのです。

これにて今年2月から初めた法然上人二十五霊場

無事満願することが出来ました、ありがとうございます!

 

 

 

 

時間的になんとか間に合いそうなら別格霊場第20番札所の大瀧寺さまにも行くつもりでしたが、断念。

 

 

 

 

一路屋島へ。

 

 

 

 

 

香川にはうどんの他にも色々と美味いものがありますが、

【骨付鳥】をご存知でしょうか?

 

 

 

骨付鳥(ほねつきどり)は、鶏の骨付きもも肉を焼いた香川県丸亀市ご当地グルメ

塩とコショウとニンニクで下味付けした鶏もも肉を焼いたもので、丸亀にある居酒屋「一鶴」の創業者(近藤定市、田鶴子夫妻)が、ハリウッド映画に出てきたローストチキンをヒントに1953年から売り出した。その後、一鶴横浜市大阪市に進出し、うどんに次ぐ香川県の名物として注目されるようになった。一鶴以外にも居酒屋のメニューとして取り入れられることが多く、テイクアウトで提供する店もある。

丸亀市ではご当地グルメとして骨付鳥を全国に広める活動を行っており、公式ガイドブック「骨付鳥大百科」を作成し観光案内所などで配布している。また、骨付鳥をキャラクター化した「とり奉行 骨付じゅうじゅう」を考案、丸亀市の公式観光キャラクターとして活動している。(Wikipediaより)

 

 

 

 

その骨付鳥の元祖一鶴さんの屋島店へ三人は向かいました。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180924210441j:imageしかしハヤトくんと並ぶとゲンさんはやっぱり…………www

 


f:id:KOBANNAD:20180924210521j:imageにく!


f:id:KOBANNAD:20180924210712j:imageおにぎりとにく!

 

ハヤトくん  ひなどり(若鶏)1本 鶏めし(スープ付)

ゲンさん  親鶏1本ひなどり1本  おにぎり3個(スープ付)

KOBANNAD 親鶏2本 ひなどり1本 おにぎり3個(スープ付)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り道ハヤトくんがまた運転。

 

 

爆睡ゲンさん。

 

アタクシもうとうと。

 

 

しかし、車は走る。

 

 

昨年なら絶対にあり得ない話。

 

 

ハヤトくんありがとう。

 

 

 

 

 

ハヤトくんの自宅近くまで帰ってきて、ゲンさんと運転交代。

 

ハヤトくんお疲れ様。機会があればまた行きましょう(*´ω`*)

 

 

寝ぼけ眼のゲンさんが

「風呂!風呂行きましょう!」

とりあえず高速に再び乗ってお互いの自宅に荷物を置きに行って、

 

上新庄の天然温泉 満月へ

 

 

帰り道まだ腹が減ったアタクシはマックを買い込み帰宅。

 

 

ゲンさん「ホンマよう食いますよね、人のことデブデブ言う癖に絶対僕より食ってますよ!」

 

 

 

 

お後がよろしいようでwww

 

 

 

来週30日も四国行きますよ!