女人高野 室生寺


f:id:KOBANNAD:20180311184524j:image

 

 

 

 

 

 

花粉どないかしておくれやす(´・ω・`)

 

薬無しやと町も歩けやしまへんのどす(´・ω・`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……いきなりよく分からない京都府民をバカにしたようなご挨拶でございますがw

 

 

 

 

 

 

 

ええ、本日3/11は東日本大震災。あれからもう7年ですな。

亡くなられた方のご冥福を祈りつつ、

火事場泥棒や復興義援金猫ババやら当時の民主党の連中に今からでも遅くないのでしっかり天罰が下りますように。

 

 

 

 

 

 

 

まぁ今日は本当は花粉も多いし

あんまり金もないし、で引きこもる予定やったんですけどw

 

7:30くらいに目が覚めたんですよ、二時間半くらいしか寝てないのにw

 

 

で、どうしようか考えてたんすけど

Facebookで奈良の室生寺さんが今金堂の秘仏公開してるってのを見ましてね。

 

 

 

奥の院にはお大師さまの御影堂もあるとな!

そういえば室生寺って行った事は何度かあるけど、奥の院は行った事ねぇなぁと思った瞬間に

 

「あ、四国行く前にお大師さまが呼んでくれてはるわ!」

 

と、相変わらず勝手に解釈しましてw

 

 

 

近鉄の急行でエッチラオッチラと向かいましたのは【室生口大野】駅。

 

 

 

 バスで室生寺まで行くのですが(徒歩だと6,5kmあります)行った後でまだ30分くらいある。

 

ふと、横に近鉄タクシーがw

 

室生寺さんまで2000円くらいか、

この花粉の中ボーっとバスを待つのも歩くのもちょっと嫌だなぁ。

 

 

などと言い訳をしながらタクシーに乗り込みました。

 

 

 

 

 

これが正解。

 

近鉄タクシーの運転手さんが道すがら何も言ってないのにガイドをしてくれはりましたがな!

 

 

 

 

駅近くの大野寺さんの前で車を停めて、

有名な【弥勒磨崖仏】さまの写真を撮らせてくれはったり、


f:id:KOBANNAD:20180311184247j:image

 

 

室生寺に着くまでは、室生寺の由緒や参拝の仕方、心構えみたいなものを色々と教えて頂きました。

 

 

いや、これもひとつのご縁でございますな。

 

ありがたい話や。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、到着。


f:id:KOBANNAD:20180311184619j:image

 

 

 

 

 

 

室生寺(むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。山号を宀一山(べんいちさん)と号する。開基(創立者)は賢憬(賢璟)、本尊は釈迦如来である。奈良盆地の東方、三重県境に近い室生の地にある山岳寺院である。宇陀川の支流室生川の北岸にある室生山の山麓から中腹に堂塔が散在する。平安時代前期の建築や仏像を伝え、境内はシャクナゲの名所としても知られる。女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名がある。なお、山号の「宀一」は「室」のうかんむりと「生」の最後の一画だという。仏塔古寺十八尊第十八番。

 

天武天皇9年(680年)、役小角役行者)の草創、空海の中興という伝承もあるが、記録で確認できる限りでは、奈良時代最末期の草創と思われる。室生寺の東方約1キロのところには竜神を祀る室生竜穴(りゅうけつ)神社があるが、室生寺の草創にも竜神が関係している。

続日本紀』や『宀一山年分度者奏状』(べんいちさんねんぶんどしゃそうじょう)によると、奈良時代末期の宝亀年間(770年-781年)、時の東宮・山部親王(のちの桓武天皇)の病気平癒のため、室生の地において延寿の法を修したところ、竜神の力で見事に回復したので、興福寺の僧・賢憬(賢璟)が朝廷の命でここに寺院を造ることになったという。賢璟は延暦12年(793年)没しており、造営は同じ興福寺の僧である弟子の修円に引き継がれた。修円は承和2年(835年)に没しているが、現存の室生寺の堂塔のうち、この時期(9世紀前半)にまでさかのぼると見られるのは五重塔のみであり、現在のような伽藍が整うまでには相当の年数を要したものと思われる。

草創にかかわった2人の人物が興福寺僧であった関係から、室生寺は長らく興福寺との関係が深かったが、時代は下って江戸時代の元禄11年(1698年)、興福寺法相宗から独立して、真言宗寺院となった。女人の入山が許されたことから「女人高野」と呼ばれ、これは室生寺の代名詞にもなっている。近世には5代将軍徳川綱吉の母桂昌院の寄進で堂塔が修理されている。

1964年には真言宗豊山派から独立し、真言宗室生寺派大本山となった。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311185100j:image橋渡って

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311185123j:image入口

【特別拝観】書いてありまんな。

 

 

って事で入口横の受付で拝観料金+金堂特別拝観料金合わせて1000円を支払い、

 

 

 

 

まずはその【金堂】へ向かいます

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311185332j:imageでけぇ仁王門。

ちなみにこの仁王門前に納経所がまずひとつあります。

 

ここの納経所で大抵の室生寺御朱印は頂けますが、

 

本堂のご本尊如意輪観音さまの御朱印は本堂のみ

 

奥の院御影堂の弘法大師さまの御朱印奥の院のみ

 

でしか頂けないのでご注意を。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311185737j:image圧巻の仁王さま!

 

 

 

 

そして石段を上がってすぐに

 


f:id:KOBANNAD:20180311185818j:image金堂があります。

 

 

 

 

 

特別拝観させて頂きました。


f:id:KOBANNAD:20180311195239j:image
 今ならクリアファイルもらえるよっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311190509j:image

中は撮影禁止ですので、

室生寺さまのFacebookのお写真を拝借。 

 

 

 

金堂内では若いお坊さんが一所懸命に観光客の方に説明をしてはりました。

 

 

 

 

 

アタシの所にも何か言いたげに来たので、

「こちらでお経上げさせてもらってもよろしいですか?」

と言うと

「どうぞ、ごゆっくりお勤め下さい」

と。

 

 

多分何か説明してくれようとしてたんやろかなぁ。

 

西国先達の輪袈裟着けて、思いっきり数珠と経本持ってるのにw

 

 

 

観光客がメインですからね、こういうお寺は。

 

アタシみたいな巡礼者が来るのは珍しいんでしょうな。

 

後は、ハイキングがてらに来られてる方も多いようです。

 

 

 

地蔵菩薩

薬師如来

国宝釈迦如来

弥勒菩薩

十一面観音菩薩

 

 

十二神将がおられました。

 

 

 

真言宗ですので、四国の作法に則りお経を上げて。

ご本尊真言を5つ上げるのは四国の岩本寺以来かなぁ。

 

 

 

隣にある弥勒堂は改修工事中でした。

 

 

 

 

そして本堂


f:id:KOBANNAD:20180311191454j:image

 

 

同じくお勤めをさせて頂き、

 

 

 

納経所に。

 

あー、スタンプラリーだらけだぁwwwwwww

 

お経も上げずに

「ここで貰える御朱印全部ちょうだい!お金はだすわよフンフン」

みたいなオバサン達がwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

観光客だもんね。

スタンプ集めだもんね。

言っちゃ悪いけど、アタシとはすむ世界が違う人達だから関係ないよね。

仕方ないよね。

 

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311191934j:imageご本尊如意輪観音さま納経印


f:id:KOBANNAD:20180311192003j:image金堂十一面観音さまの納経印もこちらでも頂けます

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311192046j:image
f:id:KOBANNAD:20180311192057j:imageそしてお寺専用の納経帳が4冊目突入~!

 

 

そして有名な五重塔


f:id:KOBANNAD:20180311192415j:imageの、横を抜けて奥の院へと440段あまりの石段と坂道を上がる訳です。

 

 

 

 

 

 

って、オイコラちょっと待てぇーぃwwwwwww 


f:id:KOBANNAD:20180311192527j:image

 

まぁまだ寒いから出て来ないやろうと思いますが。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311192637j:imageほうほう。

 

 

んでまた歩く

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311192715j:imageうん、あのねマムシ推し過ぎやと思うの(´・ω・`)

 

どんだけ居るんやろここwwwwwww

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311192834j:imageエッチラオッチラエッチラオッチラ

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311192928j:image登る登れば登る時ぃ~

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311193202j:imageようやく到着。

 

 

近くにある西国札所の長谷寺も入口から本堂まで石段同じ数ありますが、

あっちは低くて広い階段なんで大して苦にならんのですが、

 

こちらは石段高い、狭い、間隔バラバラ(四国別格程酷くはないがw)なのでかなりキツいです。

 

 

 

御影堂にお大師さまにご挨拶からお勤めを。

始めた途端に一陣の風が。

 

 

「よう来たな」

 

 

あぁ、お大師さまが言ってくださってる。

 

 

 

般若心経を上げてる最中にも一陣の風がまた。

 

 

 

ものすごい気持ちが軽くなって

ものすごい気持ちが良くなりました

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311193759j:image奥の院 お大師さまの納経印


f:id:KOBANNAD:20180311193830j:image奥の院 如意宝珠納経印

 

 

 

 

 

そしてエッチラオッチラ下ると、

巡礼用さんや袋を持ったおばちゃん3人。
霊場にこだわらんと色々と仲良く回ってらっしゃるとの事でした。


「お兄ちゃん若いのに先達さんなんやねぇ」

 

うーむさすがに気づくかぁwwwwwww

 

「いえいえまだまだですよ、ありがとうございます」

 

 

 

そんな話をしながら仁王門前の納経所へ

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311194228j:imageお地蔵さんの納経印


f:id:KOBANNAD:20180311194255j:image薬師如来納経印

 

 

そして

 
f:id:KOBANNAD:20180311194445j:image奈良大和四寺巡礼の笈摺は限定10000名無料プレゼント

ただし御朱印は300円w

 

 

せっかくなので頂いて参りました。

 

 

 

 

 

そしてバスの時間が目の前やったのでバス停まで急ぐwwwwwww

エッチラオッチラエッチラオッチラwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

今日このパターンやなwwwwwww

 

 

 

 

 

で、バスに乗り近鉄室生口大野駅を目指して…………

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ手前の大野寺で下車。

 


f:id:KOBANNAD:20180311195151j:image大野寺さまも寄らせて頂こう。


f:id:KOBANNAD:20180311195407j:image
f:id:KOBANNAD:20180311195414j:imageしだれ桜が有名なんだそうな。

後半月もすれば見事に咲くんだろうなぁ。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311195508j:image本堂

 


f:id:KOBANNAD:20180311195527j:image弥勒磨崖仏礼拝所から磨崖仏を

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180311195603j:image弥勒磨崖仏納経印


f:id:KOBANNAD:20180311195625j:image身代地蔵納経印

 

 

 

 

 

 

もう、お昼前で。

夕べ仕事終わって3:00前に飯食ってから何も食べてないアタシ(´・ω・`)

 

 

 

室生寺周辺は食堂とか土産物屋があったけど、駅前は何もない。

 

駅に売店もない。

 

【お煙草は喫煙コーナーで】

その喫煙コーナーすら無いwwwwwww

 

電車が来たので、乗る!

 

 

 

 

 

即、寝る。

 

 

 

 

気づくともう鶴橋wwwwwww

降りないと!

 

 

 

 

降りればお約束駅じゅうに漂う焼肉のうまそうな匂い!

 

 

 

 

を、かぎながらJRに乗り換えて桜ノ宮まで帰るwwwwwww

 

 

 

空腹が限界やったので駅前の中華屋で

老酒飲みながら

餃子と

唐揚げと

かに玉

酢豚

 

がっついて帰りましたwwwwwww