西国三十三観音2巡目 開始


昨日2017年11月12日

私KOBANNADと西宮の肉貴族中村ゲンゲンはぶじ、四国八十八ヶ所通称お遍路を結願→満願いたしました。

 

 

その模様はまた次のブログにて書きます。

 

まず今回は先月10月30日のお話。

 

 

 

 

 

 

29日に四国を満願して、気持ち良くタイトル通り2巡目の西国を開始して先達デビューするつもりが、

屋島ドライブウェイ閉鎖という憂き目に会いそれも叶わず。

 

正直普段よりも3倍近い疲労感の中。

 

 

遍路の後、約5時間くらいの睡眠で京都駅へ。

 

 

 
f:id:KOBANNAD:20171113183709j:image待ち合わせ時間より一時間以上早く着いたアタシが向かったのは京都駅構内の立ち食いうどんの店。

 


f:id:KOBANNAD:20171113183834j:image九条ネギそばを食べたかったのだ。

 

 

 

実はこの日は先日珍しく病気で入院なんぞをかまして、

行くはずだった西国バスツアーに行けなかった名古屋の赤味噌姉上ことDJきゃんで様と、

京都の西国霊場巡りを。

 

 

 

 

んで、姉上と合流。

そのままJRで山科へ。

 

駅前からタクシーで一路別格元慶寺へ。

 

姉上と一緒に一連の参拝の流れをとり、

読経。

 

 

さすがバスツアーとはいえ先達に付いて回ってるからでしょうか、一通りの観音霊場のお作法はきちんと出来てはりました。

 

 

むしろこちらがデビューしたての新米先達なので軽く緊張してしまいますわwwwwwww

 

 

 

お寺でも神社でもそうなんですが、

お作法ってのは「上手くやろう」とするより

「絶対にしちゃいけない事をしない」

って事の方が遥かに大切です。

 

 

私のブログにも何度か書いてますが、下手でも一所懸命お経は上げないといけません。

 

お経も上げずに【納経】として納経印だけ貰うことに少なくとも私は意味があるとは思えないです。

 

心を込めて自分の宗派の真言かご本尊の真言を唱えるだけでも良いと思います。

 

賽銭入れててめぇの願いだけ聞いてもらってあまつさえ経も上げずに納経印だけ貰おうなんて………どない思います?

 

 

御朱印ブームは良いんですけどね、今の世の中神仏になかなか若い人は触れる機会が少ないでしょうから。

ただ門戸を広げるだけでマナーを教えないのは、

観光客だけ誘致してほったらかしのバカな外務省の政策と同じじゃねぇかな。

 

 

 

閑話休題

 

 

前回1巡目の折、こちらでカラーの御影を頂くのを忘れていたので今回は忘れてずにもらってきました。

 

 

 

そこからタクシー飛ばして、

御寺 泉涌寺へ。

 

 

洛陽33観音霊場のひとつ楊貴妃観音さまの奉られているお寺であり、

歴代陛下の御陵を管理する月輪事務所も敷地内にはあり、

西国三十三観音霊場第15番札所今熊野観音寺も敷地内にはある広大なお寺です。

 

詳しくは過去ブログを↓↓

http://kobannad.hatenablog.com/entry/2017/02/13/051742

 

 

 

泉涌寺では姉上が御朱印帳買ってましたねぇ。

3種類あるんですが、アタシが何も言ってもないのにオカンと同じの選んでたのは少し笑えましたw

 

そのまま今熊野観音寺にもおまいりして。

 

 

今熊野さんでは本堂の中まで上がらせて頂いてご本尊の前でお経を上げさせて頂きました!

 

これはダンタイサンのバスツアーではまず出来ない事です。

姉上ははじめ

「そんな事してもかまわんのだがや?(名古屋に対する勝手なイメージ)」

みたいな顔してましたが、アタシが

「せっかく空いてるんやから少しでもご本尊さまの近くに行かせて頂きましょう」

と言ったら喜ばれたようで。

 

 

 

個人参拝には個人参拝のメリットというのも多々ありますから。

 

 

バスツアーやってたらまず納経所の方と触れあう事は無いです。

 

笈摺投げられたりムカつくこと言われたりすることも無いでしょうけど、

それ以上に素晴らしい出会いもお言葉も頂く事も無いですね。

 

 

 西国は確かに観光寺多いけど、中には本当に素晴らしいお寺もありますしね。

 

 

 

 

で、更に近距離をタクシーブッ飛ばして

西国三十三観音霊場第16番札所

舞台で有名な 音羽山 清水寺

 


f:id:KOBANNAD:20171113195221j:image相変わらず舞台は工事中でしたが。

 

 

こちらではわざと姉上ひとりでお経を上げる練習を。

 

 

うむ、普通に全く問題なく出来てます。

別にこれやとアタシごとき新米先達必要ないなwwwwwww

 

ま、先達が付いていくと御詠歌が頂けるのでその特典くらいかしらwwwwwww


f:id:KOBANNAD:20171113201435j:imageこれね。

 

 

 

 

 

清水寺を三年坂→二寧坂と下って、

 

ちょっと路地を間違えたりして、

 

姉上が靴ヒモ直したりして


f:id:KOBANNAD:20171113201658j:image自称 石原裕次郎w


f:id:KOBANNAD:20171113202315j:image参考画像貼っておきますねw

 

 

 

 

 

西国三十三観音霊場第17番札所

六波羅蜜寺

の手前で盗撮ふぢえさん


f:id:KOBANNAD:20171113202420j:image建物の壁に直接書かれた

六波羅蜜寺の文字がいたくお気に入りだったそうだwwwwwww

 

 

こちらも本堂でわざわざ椅子をお借りしての読経。

 

姉上にはツアーじゃ出来ない個人巡礼をとことん楽しんで貰います。

 

そういう先達が居ても良いんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま一路、帆布で有名な一澤帆布に向かう途中八坂神社の前に

 

 

ちょっと前にオープンした姉上の職場の系列店のマハラジャ祇園の前を【素通り】w

 

いや、だってまだ開いてなかったしwwwwwww

 

 

マハラジャ祇園↓↓

http://201707181418047026574.onamae.jp/

 

 

 

 

で、一澤帆布さんへ。

 

アタシですら欲しいと思うかばんちゃんがいっぱいあるのだ。

 

一澤帆布さん↓↓

http://www.ichizawa.co.jp/

 

 

 

 

 

 

一澤帆布さんの北側の路地を入った所にあります、【田中漬物舗】さんにも寄りました。

 

 

ここの【なにこれ漬】が最高やねん(^q^)

 

 

 

マジ美味いから。

https://www.tanakatsukemono.com/

 

 

 

 

 

その後阪急に乗り、高槻に。

辻本清美の悪口を言いながら、

 

西国三十三観音霊場第22番札所 総持寺へ。

 

 

 

 

偶然居合わせた西国の中先達さん。

普通に観音霊場のお作法で。当たり前かw

 

 

 

それとは別におそらく檀家さんであろう真言宗の方。

総持寺さんは真言宗ですからね。

つまり本四国と同じ作法です。

それに更に御詠歌まで上げてはりました。

節回しがものすごく上手な方で少し聞き入ってしまいました。

 

 

 

ううん、まだまだ勉強やなぁ。

 

 

 

 

 

こちらの納経所で若いお坊さんに

コバ「新米ホヤホヤの先達ですねん」

言うたら

お坊さん「皆さんはじめはみんな新米ですよ、そこから観音さまと一緒に功徳を積み上げて立派な先達さんになっていかれますから」

ってありがたい基本中の基本、一番の根本をまた教えて頂きました。

 

 

 

 

 

 

そこから姉上をウチの店で晩御飯withウチのオカン&遅れてきたゲンゲン

 

 

眠かったけど楽しい1日でしたw