西国三十三観音霊場巡礼記 31番札所長命寺32番札所観音正寺

あぢぃ。

なんだこの近頃の暑さは。

 

 

皆様暑中御見舞い申し上げます、

年齢と共に陰りが若干見えてきました夏男KOBANNADです(^q^)

 

 

 

さて、今日のブログはさる7月2日のお話です。

ちょっとここんとこ暑かったりなんやで更新出来てなかったんですすいません。

 

 

 

 

この日本当は家で引きこもってのんびりするつもりでした。

実際仕事終わってからゲンゲンと飯食いに行ったりして帰ったのは夜中を回って3:30頃。

 

で、朝5:00に目覚めて向かったのは

 

 

JRの能登川駅からバスに乗って


f:id:KOBANNAD:20170718174828j:image

 

西国三十三観音霊場第32番札所観音正寺裏参道入り口。

 

これがまた分かりにくい場所にあるんですわ。

 


f:id:KOBANNAD:20170718175710j:image

この看板が【神社入り口横】にある。

 

そしてその神社の境内の中に


f:id:KOBANNAD:20170718175958j:image

 

この看板wwwww

 

寺に向かうのに神社の中を通るという話wwwww

 


f:id:KOBANNAD:20170718180054j:imageここが入り口なんです。

 

ここから裏参道とは名ばかりの山道を約4キロ以上wwwww

 

 

前日に雨が降ってたのでぬかるんだ山道を登るのもなぁ~って感じでバス亭まで戻ってタクシーを呼ぶwwwwwwwwww

 

 


f:id:KOBANNAD:20170718180918j:image裏からは専用の自動車道を通って(通行料金が必要)入り口のほんの手前まで行けます。


f:id:KOBANNAD:20170718181638j:image
f:id:KOBANNAD:20170718181654j:image
f:id:KOBANNAD:20170718181708j:image素晴らしい景観


 

 

そして到着しました


f:id:KOBANNAD:20170718181744j:image


f:id:KOBANNAD:20170718181955j:image

西国三十三観音霊場第32番札所

【繖山 観音正寺

 

 

 

観音正寺(かんのんしょうじ)は、滋賀県近江八幡市安土町石寺にある仏教寺院。宗旨は天台宗系の単立。山号は繖山(きぬがささん)。本尊は千手観音。西国三十三所第32番札所である。

琵琶湖の東岸、標高433メートルの繖山(きぬがさやま)の山頂近くに位置する。伝承によれば、推古天皇13年(605年)、聖徳太子がこの地を訪れ、自刻の千手観音を祀ったのに始まるという。聖徳太子はこの地を訪れた際に出会った「人魚」の願いにより一寺を建立したという。その人魚は、前世が漁師であり、殺生を業としていたために人魚に生まれ変わり苦しんでいたという。寺にはその人魚のミイラと称するものが伝えられていたが、平成5年(1993年)火災で焼失した。実際に創建時期については不明であるが、少なくても11世紀(平安時代)には既に存在していた。また、元弘3年(1333年)に足利高氏(後の尊氏)に攻められた六波羅探題北条仲時が後伏見・花園両院及び光厳天皇を連れて東国に下ろうとした際に両院や天皇の宿舎に充てられたとする伝承がある。

観音正寺が位置する繖山には、室町時代以来近江国南半部を支配した佐々木六角氏の居城である観音寺城があり、寺は佐々木六角氏の庇護を得て栄えた。戦国時代中期に六角氏によって観音寺城が改修された際に、観音正寺山麓に移転させられたとする説がある。観音寺城は永禄11年(1568年)、織田信長の軍勢に攻められて落城。数年後には佐々木六角氏所縁の観音正寺も焼き討ちに遭い、全焼した。再興されたのは慶長年間(1596年 - 1615年)のことである。

観音正寺の本堂は平成5年(1993年)に失火で焼失した。交通の不便な山中にある寺院のため、消火活動もままならず、重要文化財に指定されていた本尊千手観音立像も焼失した。現在ある木造入母屋造の本堂は平成16年(2004年)に再建されたものである。新たに造立された本尊千手観音坐像は仏師松本明慶の作。旧本尊が1メートル足らずの立像であったのに対し、像高3.56メートル、光背を含めた総高6.3メートルの巨大な坐像である。像はインドから輸入した23トンもの白檀を素材に作られている。白檀は輸出禁制品であったが、観音正寺の住職が、20数回インドを訪れ、たび重なる交渉の後、特例措置として日本への輸出が認められたものであるという。   (Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

こちらは西国で初めて

「ようお詣りでした、ありがとうございました。」

って言われて凄く感動したの覚えてます。

 

 

ありがとうって言われたのは西国じゃ当然初めてで。

 

四国でも数ヶ寺ですね。

 

 

まぁそれでも、

笈摺投げる糞みたいな寺もあるからねぇ、

西国は多種多様ですなwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからJR安土駅の方へいわゆる表参道に向かうんですが、

下まで階段1500段あるらしいすwwwww

 

 


f:id:KOBANNAD:20170718182551j:image

300段程下った所に駐車場があります。

駐車場入り口にも


f:id:KOBANNAD:20170718182648j:image

で、その駐車場までタクシーを呼びつけるwwwww

 

JR安土駅までタクシーに乗り、隣の

近江八幡駅】に向かう。

 

 

 

近江八幡駅に着いていきなり見つけたポスターが


f:id:KOBANNAD:20170718183026j:image

 

 

駅前の歯医者さんも

f:id:KOBANNAD:20170718183039j:image

 

 

もちろん駅も


f:id:KOBANNAD:20170718183133j:image

 

 

 

 

先日スピード違反でオービス光らせた挙げ句80000円(はちまんえん)の罰金&45日免停食らった中村=ゲンゲンを町ぐるみで嘲笑うかのような、町ぐるみの【はちまん】攻撃に独りで笑いこけていた私がさらに向かったのは

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20170718183423j:image西国三十三観音霊場第31番札所長命寺


f:id:KOBANNAD:20170718183918j:image

 

 

 

実際ここも下から階段上がると880段あるらしいすわ。

当然近江八幡駅から長命寺手前の駐車場までタクシーカッ飛ばして行きましたwwwww 

 

 

長命寺駐車場から長命寺本堂までは約200段くらいの階段が残っています。

 


f:id:KOBANNAD:20170718184132j:image
f:id:KOBANNAD:20170718184149j:image
f:id:KOBANNAD:20170718184205j:image
f:id:KOBANNAD:20170718184217j:image
f:id:KOBANNAD:20170718184233j:image
f:id:KOBANNAD:20170718184246j:image眼下には琵琶湖。





 

西国三十三観音霊場第31番札所

【 姨綺耶山 長命寺

 

長命寺(ちょうめいじ)は、滋賀県近江八幡市にある寺院。 山号は姨綺耶山(いきやさん)。西国三十三所第三十一番札所。天台宗系単立。聖徳太子の開基と伝える。

琵琶湖畔にそびえる長命寺山の山腹に位置し、麓から本堂に至る800段余の長い階段で知られる。かつての巡礼者は、三十番札所の竹生島宝厳寺から船で長命寺に参詣した。

伝承によれば、第12代景行天皇の時代に、武内宿禰がこの地で柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫り長寿を祈願した。このため宿禰は300歳の長命を保ったと伝えられる。その後、聖徳太子がこの地に赴いた際、宿禰が祈願した際に彫った文字を発見したという。これに感銘を受けてながめていると白髪の老人が現れ、その木で仏像を彫りこの地に安置するよう告げた。太子は早速、十一面観音を彫りこの地に安置した。太子は宿禰の長寿にあやかり、当寺を長命寺と名付けたと伝えられている。その名の通り、参拝すると長生きすると言い伝えられている。

実際の創建年次や創建の事情については未詳であり、確実な史料における長命寺の寺号の初見は、承保元年(1074年)3月2日付の「奥島庄司土師助正畠地寄進状」という文書である。

長命寺には中世以降の文書が豊富に残されている。それによると、中世の長命寺比叡山延暦寺)西塔の別院としての地位を保ち、近江守護佐々木氏の崇敬と庇護を受けて栄えていた。しかし、永正13年(1516年)、佐々木氏と伊庭氏の対立による兵火により伽藍は全焼。現存する堂宇は室町時代から近世初期にかけて再建されたものである。(Wikipediaより)

 

 

 

 帰り道


f:id:KOBANNAD:20170718185419j:image
f:id:KOBANNAD:20170718185441j:image

 f:id:KOBANNAD:20170718185501j:image
f:id:KOBANNAD:20170718185527j:image

880段全て下りました約10分で、膝が笑ってましたwwwww

 

 

 

長命寺の門前に長命の湯ってのがあったので寄ろうかと思ったらいきなり目の前に近江八幡駅行きのバスが来たので帰ることに。

 

 

 

なんだかんだで睡眠1時間半でこの時14:00くらい。

タクシーでごまかしたとはいえなかなか山道はツラい。

 

 

結構ボーっとしてた時にバス車内アナウンスが

 

 

 

 

 

「次は~中村~ナカムラぁ~🎶」

 


f:id:KOBANNAD:20170718190034j:image

 

近江八幡市中村町なんだそうだwwwwwwwwwwwwwww

 

 

バスの中で独りで吹き出して笑ってた俺wwwwwwwwww

 

 

 

乗客達の視線が痛いwwwwwwwwww

 

 

 

 

 
f:id:KOBANNAD:20170718190347j:image観音正寺

 


f:id:KOBANNAD:20170718190426j:image長命寺

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20170718190448j:image

 

 

さて、西国もひとまず後4ケ寺ですわ。