ここんとこの御朱印&納経印。そして始まる【新西国三十三観音霊場巡礼】






 

2ヶ月ぶりの本四国遍路をひかえて、仕事中に土曜日なのにあまりに暇すぎてブログ書いてるアタクシKOBANNAD42さいwwwww

 

 

さて、先週の休みに大阪城内にあります

豊國神社】に行ってまいりました。


f:id:KOBANNAD:20170527200545j:image

 

 

豊國神社(ほうこくじんじゃ、新字体:豊国神社、旧字体:豐國神社)は、大阪府大阪市中央区大阪城に鎮座する神社。
概要
京都府京都市東山区に鎮座する豊国神社の大阪別社として創建された。のちに京都・豊国神社から独立して豊國神社に改称。京都・豊国神社が訓読み(とよくに)で、豊臣秀吉のみを主祭神とするのに対して、当社は音読み(ほうこく)で、豊臣秀頼豊臣秀長も配祀する。

現在の鎮座地である大坂城二の丸は陸軍省の所管だったため、現在の大阪市北区中之島においての創建となったが、のちに城内(現・大阪城公園)へ遷座された。(Wikipediaより)

 

 

 

先日京都大神宮で頂いた巫女さんの萌え~な御朱印帳が残りわずかになっていたので、

ナニワのKOBANNADとしましては3冊目の御朱印帳は大阪にまつわるものにしようかなと。

 


f:id:KOBANNAD:20170527200957j:image


f:id:KOBANNAD:20170527201015j:image

太閤はんの兜カッコエエがな!


f:id:KOBANNAD:20170527201939j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、本日昼前から近くの寺社仏閣を回らせて貰ってきました。

 

 

まずは淀川神社

 


f:id:KOBANNAD:20170527201208j:image

 

淀川神社(よどがわじんじゃ)は大阪市都島区毛馬町に鎮座する神社。1953年に旧友渕村の式神を祀っていた十五神社と旧毛馬村の式神を祀っていた八幡大神宮(八幡神社)の式神を合祀する形で十五神社の境内に設立された。

由緒
十五神社、八幡神社ともに創建年代は不明であるが、平安時代初期に「毛志馬」や「鞆淵」などの地名が見られることから、その頃から氏神社として祀られたものではないかとされる。当時、淀川河口の海賊を取り締まる為の役人が同地に配備され、彼らによって全国に名高い15柱の神々を祀った事から「十五神社」と呼ばれるようになったと伝えられている。

明治42年(1909年)、政府の命令により、旧十五神社は同区の櫻宮に、旧八幡神社は旭区の大宮神社にそれぞれ合祀された。それ以来、式神がいなくなった両地域の住民から神社の復興を求める声が高まり、昭和28年(1953年)、社殿のみ残されていた旧十五神社の境内を利用して毛馬町、大東町、友渕町の総鎮守として当社が再建され、昭和34年(1959年)、単立宗教法人の承認を得た。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

そのまま川を橋を越えて渡り

 


f:id:KOBANNAD:20170527201618j:image


f:id:KOBANNAD:20170527201624j:image

長柄の八幡さんこと

【長柄八幡宮


f:id:KOBANNAD:20170527201928j:image

 

長柄八幡宮(ながら はちまんぐう)は、大阪府大阪市北区長柄中に鎮座する神社。
由緒
1296年(永仁4年)に山城国石清水八幡宮(男山八幡宮)から神体を勧請して祀ったのが起源。
1610年(慶長15年)に片桐且元が本殿・幣殿・拝殿を改築したという。(Wikipediaより)

 

 

 

そのまま南に下り

 

 


f:id:KOBANNAD:20170527202129j:image

国分寺】さん

 

 

 

国分寺(こくぶんじ)は、大阪市北区にある真言宗仏教寺院。
歴史
寺伝によれは斉明天皇の頃(655年)、日本法相宗の祖・道昭が孝徳天皇の菩提のために建てた長柄寺が起源といい、天平13年(741年)聖武天皇国分寺創建の発願により、国分寺になったという。 近世になって僧・快円が再建。第二次世界大戦中は真言宗の京都勧修寺(真言宗山階派)の末寺であった。高野山から移した赤不動尊で知られたが、昭和20年(1945年)の第二次世界大戦時の空襲で焼失。昭和22年(1947年)に真言宗国分寺派本山となって独立した。

『摂津名所図会』には本尊阿弥陀仏聖徳太子の作、赤不動尊空海の作とあり、行基の開基とする。摂津国分寺については、別に天王寺区にも国分寺がある。(Wikipediaより)

 

 

大阪市内にありながらなんとなく本四国の雰囲気を持ってはるような素晴らしいお寺でしたわ。

 


f:id:KOBANNAD:20170527202449j:image

 

 

 

で、職場に一旦荷物を置きまして。

 

更に向かったのは、

 

 


f:id:KOBANNAD:20170527202714j:image
f:id:KOBANNAD:20170527202720j:image
f:id:KOBANNAD:20170527202744j:image


 

【綱敷天神社】

【綱敷天神社 御旅社】

【歯神社】

です。

 

 

綱敷天神社(つなしきてんじんしゃ)は、大阪市北区神山町にある神社。北野(喜多野、喜多埜)天神とも通称され、概ね旧西成郡北野村(キタの東半)を氏地としている。 茶屋町に当社の御旅社があり、角田町に境外社の歯神社(はじんじゃ)がある。


由緒
社伝によれば、創建は平安時代、摂州菟餓野に嵯峨天皇行幸した縁により、皇子の源融天皇崩御ののち、追悼のためこの地に七堂伽藍を興し、太融寺を創建。嵯峨天皇を祀る社として「神野太神宮」を併せて創建したという。

後に菅原道真が無実の罪で大宰府へ左遷の折、この地に着いたところ、一本の紅梅が今を盛りと咲き匂っており、しばしこの梅を眺めるため、船の艫綱(ともづな)をたぐりよせ、即席の座席としたことが「綱敷(つなしき)」の名の由来となるという。 この時、地元の者より「ゆりわ」なる器に団子を盛りて道真にすすめたところ、道真は大いに喜び、今も大事な神事の折にはこの「ゆりわ」に団子を盛って供えている。 また、追従の老臣、度会春彦の孫、春茂以下六名の者を集めさせ、この地に留まるように伝えた。道真と離れることはつらいことであるが、道真直々の言葉であればその帰りをいつまでもこの地にて待つとして、道真より白江の姓を賜り、別れた。

その後、道真は大宰府の地にて死去し、一族は、道真の愛でた紅梅の元に小祠を営み梅塚と称して道真を祀った。正暦4年に道真の無実の罪が解かれ朝廷より正一位太政大臣を追贈された折、この小祠と嵯峨天皇を祀る「神野太神宮」とを併せて祀るために社殿を建立。今に至るまでその春茂の子孫、白江家は神職として綱敷天神社に奉仕している。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

そして、仕事前&遍路前日最後に伺ったのは

 

 

ウチの職場の近所にあります。

 

 


f:id:KOBANNAD:20170527203650j:image

 

梅田【太融寺

 

 

太融寺(たいゆうじ)は、嵯峨源氏の祖で左大臣・大納言の源融(みなもと・の・とおる)ゆかりの寺で、大阪市北区に伽藍を構える真言宗高野山真言宗・準別格本山)の寺院。山号は「佳木山」、院号は「宝樹院」。


古くから当寺付近の地名にもなっている。「大融寺」と誤記されることもあり、中近世の文書に多い。
歴史
821年(弘仁12年)に弘法大師嵯峨天皇の勅願により創建。1615年(元和元年)5月の大坂夏の陣の兵火で全焼後、元禄時代に本堂など25の諸堂を再建したが、1945年(昭和20年)6月に大阪大空襲より再び全焼、戦後になって20余りに再建した。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

太融寺さんは

【新西国三十三観音霊場】の2番札所

でもあるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

西国三十三箇所(しんさいごくさんじゅうさんかしょ)は、観音巡礼の一つ。単に新西国というばあい、相模新西国三十三観音霊場のような西国三十三所観音霊場の写し霊場を呼ぶときもあるが、現在では近畿地方の観音奉安寺院のうち、西国三十三所に含まないものを巡る1932年制定の下記の巡礼ルートを指すことが一般的である。
起源
西国三十三所観音霊場に隣接する観音奉安寺院を同巡礼の途上で参拝することは江戸時代から行われた記録があるが、現在のような「新西国三十三箇所」としてまとめられたのは1932年(昭和7年)である。この時、大阪時事新報(現・産経新聞)、神戸新聞、京都日日新聞(現・京都新聞)の三都新聞連合の企画により、聖徳太子の「和の道」を基調とし、読者の人気投票に基づいて選定された33箇所の観音霊場をはじまりとする。(このため、聖徳太子霊跡の寺院が四天王寺・叡福寺・橘寺・飛鳥寺など少なからず含まれている)戦後、霊場を辞退した2霊場を入れ替え、1967年(昭和42年)に客番5霊場を加えて38箇所となった。人気の高い寺院を多数含む構成となっている。近年は人気が廃れ、「西国三十三所観音霊場のおまけ」と言われるほどになっていたが、最近では寺院がツアーを企画するなどしており、巡礼として再興されつつあるという。

なお、日本における巡礼の最初とされる西国三十三所観音霊場に定められている寺院は含まない。(ただし、四天王寺については西国三十三所満願時のお礼参り霊場として扱われることが多いが、含まれている)

 (Wikipediaより)

 

 

 

 

 

って事で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20170527204228j:image
f:id:KOBANNAD:20170527204235j:image

 

新西国三十三観音霊場巡礼はじめました!

(冷やし中華みたいなノリやな)

 

 

 

本四国
四国別格
西国三十三
洛陽三十三
真言宗十八本山
天皇御陵印

に加えて7箇所巡礼中か、俺wwwww

 

 

まずは明日久しぶりの本四国頑張ろう!