2018年8月巡礼記 神戸八宮巡り

 

さてさて今回は8/9のお話でございます。

 

 

前回鞍馬寺で新西国霊場を無事満願する事ができまして。

その時に由岐神社さまで御朱印を頂いたんですが。


f:id:KOBANNAD:20180815161509j:image以前に建勲神社さまで頂いた御朱印帳が残り8ページ(だと思い込んでいた)になってまして。

 

 

 

 

 

かつて生田神社に参拝した時に見つけて気になっていた

【神戸八宮巡り】

をやろうと思いまして。

 

http://www.eonet.ne.jp/~kstakakurasuma/1miya8miyahe.html

 

 

 

 

実際に朝から神戸に向かいました。

 

 

 

まぁ普通はやはり一宮から回るんでしょうが、

 

【遠い所から先に回って帰り道の距離を少なくする】

という参拝の仕方が染み付いちゃってますので

 

まずは大阪からいちばん遠いJR神戸駅に向かって七宮神社から。

 


f:id:KOBANNAD:20180815162236j:image
f:id:KOBANNAD:20180815162248j:image
f:id:KOBANNAD:20180815162258j:image

七宮神社(しちのみやじんじゃ)は神戸市兵庫区七宮町に鎮座する神社。生田裔神八社の一社。

「白藤家記録」に七宮神社は「延喜式」の八部郡汶売神社とある。主祭神である大己貴命は、大国主命大物主神、葦原醜男、八千矛神、大国玉神、顧国王神の七つの御名を称えて七宮神社という。
祭神
大己貴命・大日霊貴命・天児屋根命
歴史
神功皇后三韓征伐凱旋の時、大国主神を山の尾の波打ち際に奉斎。また、会下山方面の山麓に衆落を作っていた時代に、北風家が祀つた神が兵庫に移ったともいわれる。

応保元年(1161年)、経が島築造で難航した平清盛は、家臣阿波民部重能の進言を受け、社殿を造営。以後平家一族の崇敬が篤かった。
天正10年(1583年)1月19日、正親町天皇より七宮大明神の勅額及び三種の神宝の絵画を下賜される。
慶長7年(1602年)8月、片桐且元大久保長安が社殿造営の用材・太刀等を奉納。
享保20年(1735年)には繁華街を成し、各地の船舶業者が難を避けて当社に祈願した。
元禄5年(1692年)10月の指出帳に「七ノ官大明神除地、真言宗高野山学侶方蓼上普門院末寺、神宮寺社僧 眞栄」とあり、維新まで真言宗の神宮寺の社僧がいた。
寛政11年(1799年)西出町に住居していた廻船業を営む高田屋嘉兵衛は幕府の命で巨船を造り、国後島択捉島に向うに先だち、模型船3隻を献納して海上安全を祈願した。
明治6年1873年)6月村社に列す。
明治8年(1975年)2月郷社となる。
明治10年(1877年)5月県社に昇格。
大正11年(1922年)境内を改修。
昭和3年(1928年)社務所を改築。
昭和20年(1945年)神戸大空襲により、宝物等の全部を焼失。(Wikipediaより)

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815162720j:image御朱印貰いに社務所に行ったらお留守でした。

で、書き置きを頂いて御朱印帳の貼る場所を確認してたら…………

 

あれ?

残り10ページあるやんwwwwwww

 

数え間違ってたのかwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

そういえば先日行った観心寺さまには楠木正成公がおられたなぁ。

楠木正成公といえばここ神戸の湊川の戦いで亡くなられて、湊川神社があったよなぁ。

 

って地図アプリを開いてみると……

 

おぉ!

七宮から次の目的地までのちょうど間に湊川神社があるやないかい!

 

 

 

 

よし、もう一冊の正月長野で頂いた眞田神社御朱印
f:id:KOBANNAD:20180815163623j:image
も持って来てる事やし思いきって神戸神社巡りにしよう!

 

 

 

 

 

で、七宮神社からまずは湊川神社を目指して

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815163732j:image
f:id:KOBANNAD:20180815163743j:image途中御朱印はありませんでしたが、猿田彦神社がありました。

 

猿田彦さまといえは先達の神さまですから。

当然おまいりを致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

湊川神社に到着!


f:id:KOBANNAD:20180815163909j:image
f:id:KOBANNAD:20180815163929j:image
f:id:KOBANNAD:20180815163940j:image巫女さんかわいい。


 

 

 

 

湊川神社(みなとがわじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目にある楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格別格官幣社である。

湊川神社(みなとがわじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目にある楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格別格官幣社である。(Wikipediaより)

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815173823j:image湊川神社御朱印

 

 

 

 

 

そして湊川神社からさらに北上し、

大倉山の駅近くに

六宮・八宮神社があります。

 


f:id:KOBANNAD:20180815164502j:image
f:id:KOBANNAD:20180815164514j:image
f:id:KOBANNAD:20180815164525j:image


八宮神社(はちのみやじんじゃ)は神戸市中央区楠町に鎮座し、生田裔神八社の六宮神社と八宮神社とが合祀された神社。

神功皇后三韓征伐の帰途、生田神社の裔神八柱の神を8か所に奉斎された内の2社で、坂本村の鎮守社。

明治12年(1879年)10月村社に列す。
明治20年(1887年)最初の神戸市役所が新築されるため、八宮神社が現在地に移転。
明治42年(1909年)5月7日、楠高等小学校(現・湊翔楠中学校)新設により六宮神社が八宮神社に移転。
大正4年(1915年)10月30日、神饌幣帛共進社に指定される。
大正14年(1925年)9月29日、正遷宮。本殿北側に六宮神社、南側に八宮神社が鎮座している。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

さて、

大倉山といえば神戸のローカルラーメンチェーン【もっこす】の総本店がある場所。


f:id:KOBANNAD:20180815164830j:image

 

しかも24時間営業です。

この日10時前くらいでしたが、


f:id:KOBANNAD:20180815164818j:imageチャーシューメンを喰らう!

 

 

 

 

やっぱりなんかパンチ弱くなった気がするなぁ。

 

 

 

 

 

そのまま店を出て向かうは次の五宮神社……


f:id:KOBANNAD:20180815165012j:image
f:id:KOBANNAD:20180815165026j:image
への道中に近代的なお寺を発見!

 

 

東福寺(とうふくじ)は、兵庫県神戸市兵庫区にある寺院である。
歴史
寺伝によると延暦年間に操勅僧正(弘法大師の師匠)が開山。源平の戦いで一時焼失。延宝2年燈譽酉傳上人により浄土宗に改宗。本堂は、天明2年・明治39年昭和11年に建て替える。山号の伝説では、昔は海岸線が現在よりずっと山側にあって、湊川は流れが深く、船舶が上下し潮水が山門にまで達していたといわれる。
阪神大震災により、本堂庫裡共に全壊、平成10年に再建。(Wikipediaより)

 

 

 

更に登っていくと


f:id:KOBANNAD:20180815165235j:image
f:id:KOBANNAD:20180815165252j:image臨済宗のお寺で祥福寺さまというそうです。

 

お寺の方と少しお話をしたらなんと本来なら関係者以外入れない内陣から

奥の仏塔までおまいりさせて頂けるとの事。

 


f:id:KOBANNAD:20180815165504j:image
f:id:KOBANNAD:20180815165518j:image
f:id:KOBANNAD:20180815165532j:imageありがたやありがたや


 

 

祥福寺(しょうふくじ)は兵庫県神戸市兵庫区五宮町にある臨済宗の仏教寺院。
歴史
貞享2年(1685年)12月、もと僧正眼が営んでいた平野五宮神社のほとりの小庵に、雲巌和尚によって創建され、盤珪禅師を招いて開山とし、禅寺の道場となった。
盤珪禅師は播州網干(今姫路市内)に生まれ、龍門寺を建て「西に盤珪、東に白隠」といわれるほどの大徳で、禅師を開基とする寺院は、全国で47ヵ寺、元禄3年(1690年)9月3日龍門寺で72歳で歿してから、勧請開山となった寺が150にもおよぶほど尊敬された。
享保年間(1716年~1735年)廬山妙覚和尚が入山。
元禄3年(1690年)の届出には境内16間に6間、本堂も2間に3間に過ぎなかったが、宇和島の伊達家菩提寺から黙伝和尚が来てから、寺域を拡げ僧堂を建て、明和年間(1764年~1771年)には30間に16間となった。
明治元年(1868年)正月、神戸警備のために来た長州藩兵数百名がこの寺にたむろして、兵庫、神戸を護衛した。
明治5年(1872年)、大坂高津の少林寺より匡通和尚が法脈を継ぎ、現在地に伽藍を建て、寺門いよいよ栄えて、妙心寺派屈指の道場となった。
寺は景勝地を占め、光村弥兵衛が寄進の宝塔が緑の山腹に景観美を添えている。
大正(1912年~)初めごろまで、寺の東の丘に梅林があり、梅の咲くころには兵神間の風流人でにぎわっていた。
なお平野には浄土宗の東福寺と、禅宗の地蔵院がいずれも検地であったが、祥福寺は創建の日も浅く年貢地であった。
札所本尊聖観世音菩薩は禅堂近くの圓通閣に安置されている。(Wikipediaより)

 

あれ?霊場の札所やなここ。

お寺の方に納経ありますか。って聞いたら無い言われたけど、

ひょっとしたら「御朱印ありますか?」って聞くべきやったのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

このお寺からすぐの所に五宮神社はあります。


f:id:KOBANNAD:20180815165848j:image
f:id:KOBANNAD:20180815165901j:image

賽銭箱の横に


f:id:KOBANNAD:20180815165944j:image
f:id:KOBANNAD:20180815165956j:image

御朱印がwwwwwww

 

 

セルフなのかよwwwwwww

 

 

 

 

五宮神社(ごのみやじんじゃ)は兵庫県神戸市兵庫区五宮町に鎮座する神社。生田裔神八社の一社。

出雲国能義郡天穂日神社よりこの地に勧請され、神功皇后が、三韓へ行かれた帰りに巡拝された一社とされる。古来より奥平野の産土神

江戸時代には寺社改めの時に、生田神社からは裔神八社の一つとして届け出ている。 明和の書上には氏神五ノ宮(幕府領の)境内二十八間に十二間、拝殿三間に二間、山神地神の小祠ありとある。

奥平野には、生田神社奉斎の時に祭主を命じられた海上五十狭茅の家と伝えられる名家があり、明治4年(1872年)湊川神社の創建で、兵庫県より湊川神社氏子に指定された時も、生田神社との深い関係を嘆願して、旧来通りとなった。(Wikipediaより)

 

 

 

 

実は後で分かった話ですが、

セルフ朱印ではなく手前の民家らしき建物で御朱印は頂けるそうですwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

 

五宮神社からバス通りへ向かいバスに乗り

次の目的地四宮神社に

 

 

 

降りたバス停を南に下れば四宮神社

北に登れば諏訪神社

 

 

って事で


f:id:KOBANNAD:20180815170431j:image
f:id:KOBANNAD:20180815170444j:image諏訪神社に向かうのだが、なんじゃぁこの坂道は!

f:id:KOBANNAD:20180815170529j:image本殿たどり着いた時には足パンパンw

 

 

仁徳天皇の皇后である八田皇后の離宮鎮護神として鎮斎されたとされる。 生田神社と長田神社の中間に位置することから、古くは中宮と称されていた。 1182年頃の治承・寿永の乱源平合戦)のおりに源義経が武運を祈ったという伝えがのこる。

諏訪神社(すわじんじゃ)は兵庫県神戸市中央区の諏訪山に鎮座する神社。

諏訪山公園(金星台、ヴィーナスブリッジ)と隣接している。奥の院からさらに上の道を行くと、大龍寺に向かう大師道につながる(Wikipediaより)

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815174111j:image御朱印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして山を降る。

神戸の街中でなんでこないにフラフラなんやろw

サンダルで来たのは失敗やったなぁwwwwwww

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815171008j:image
f:id:KOBANNAD:20180815171020j:image

四宮神社にとうちゃーく!

御朱印にかわいらしい朝顔の絵も書いてもらいました。

 

 

 

 

 

四宮神社 (よのみやじんじゃ)は神戸市中央区中山手通に鎮座する神社で、生田裔神八社の1社。

神功皇后三韓征伐の帰途、生田神社の裔神八柱の神を8ヶ所に奉斎された内の一社で、四の御前神とも云う。

永禄10年(1567年)荒木村重織田信長の命により花隈城を築くと、当社を鬼門鎮護の神として神宝幣帛を捧ぐ。
天正8年(1580年)7月2日、城代荒木村正が敵対すると、信長は怒って池田信輝に落城させた。この時の兵火で社殿悉くを焼失。
安政元年(1854年)9月現在地に移転するも、この後社頭大いに荒廃する。
明治38年(1905年)6月2日失火により焼亡。
明治43年(1910年)社殿を再建。
昭和2年(1927年)11月19日村社に列す。
昭和20年(1945年)6月5日の神戸大空襲で大破。
昭和38年(1963年)5月10日に再建。
平成7年(1995年)1月17日の阪神・淡路大震災で被災。
平成9年(1997年)に改築す。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりバテたアタシは、

 

 

 

 

 

タクシーを拾いましたwwwwwww

 

 

 

まずは一宮神社へ

 

ここからは逆に一宮→二宮→三宮と回って電車の便の良さを考えてみました。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815171427j:image
f:id:KOBANNAD:20180815171440j:image
f:id:KOBANNAD:20180815171450j:imageオリジナル御朱印帳が安いなぁ。


 

 

 

一宮神社(いちのみやじんじゃ)は神戸市中央区山本通に鎮座する神社。生田裔神八社の1社。

神功皇后三韓からの帰途巡拝された一社で、生田裔神八社の一宮。

創建年代は不詳、一説には4世紀ともいわれている北野村の鎮守社。
元禄3年(1690年)の調書に「市の宮」とある。
昭和22年(1947年)山口神社(奈良県大柳生村)の境内社戸隠神社を模して社殿を再建。
昭和30年(1955年)本殿再建。(Wikipediaより)

 

 

 

 

さらに待たせてたタクシーに再び乗り


f:id:KOBANNAD:20180815171649j:image
f:id:KOBANNAD:20180815171659j:image
f:id:KOBANNAD:20180815171712j:image二宮神社


 

 

二宮神社(にのみやじんじゃ)は兵庫県神戸市中央区二宮町にある神社。生田神社の八柱の裔神を祀った一宮から八宮までの神社(生田裔神八社)の中の二柱目に当たり、天忍穂耳尊アメノオシホミミ)ならびに応神天皇を祀っている。

古い記録がなく、創設された時期については不明。伝承によれば、生田神社建立の際、神功皇后が現在の神戸市内の天皇家ゆかりの神々を祀る八社を巡拝したことにさかのぼるという。 境内には「稲荷神社」や「椋白龍社」(むくのきはくりゅうしゃ)が置かれている。なお、町名の「二宮町」はこの神社に由来する。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

そしてみたびタクシーに乗り三宮神社

 

 

神戸の中心地三宮のど真ん中にあります。


f:id:KOBANNAD:20180815171952j:image

 

三宮神社(さんのみやじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区三宮町に鎮座する神社。生田神社の八柱の裔神を祀った一宮から八宮までの神社(生田裔神八社)の中の三柱目に当たり、祭神としては湍津姫命(たきつひめのみこと)を祀っている。

航海の安全と商工業の繁栄を守る神として、古くから一般の崇敬厚い神社。古い記録がなく、いつ創設されたかなどについては未詳。祭神は水の神である湍津姫命(たきつひめのみこと)。境内に「河原霊社」や「史蹟 神戸事件発生地碑」と当時の大砲が置かれている。

慶応4年(明治元年、1868年)には、三宮神社前において、岡山藩備前藩)兵と外国兵の衝突が発生した。明治政府初の外交事件となったこれを、神戸事件あるいは、備前事件と呼ぶ。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815171911j:image
f:id:KOBANNAD:20180815171929j:image

社務所が閉まってたのでよく見たら

13:05(中途半端やなぁ)までお昼休憩!

って書いてました。

 

 

 

 

ブラブラと元町まで歩いて


f:id:KOBANNAD:20180815172119j:image

神戸餃子専門店の中でもアタシがいちばん好きな【赤萬】さんで昼御飯!

 

ビールは我慢した。

 

 

 

そして再び三宮神社御朱印を頂いて


f:id:KOBANNAD:20180815172245j:image

八宮巡りは無事満願達成。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815173942j:image八宮巡り全部

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

そこから阪神電車にゆられ一路西宮へ

 

 

 

 

 

 

 

えべっさんで有名な西宮神社へ。
f:id:KOBANNAD:20180815172303j:image


f:id:KOBANNAD:20180815172411j:image

 

 

西宮神社(にしのみやじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社である。日本に約3500社ある、えびす神社の総本社(名称:「えびす宮総本社」)である。地元では「西宮のえべっさん」と呼ばれる。なお、戎信仰については、えびすを蛭子と同一視する説の他にもいくつかの説が存在する。

祭神の蛭児命は伊弉諾岐命と伊弉諾美命との間に生まれた最初の子である。しかし不具であったため葦の舟に入れて流され、子の数には数えられなかった。ここまでは記紀神話に書かれている内容であり、その後の蛭児命がどうなったかは書かれていない。当社の社伝では、蛭児命は西宮に漂着し、「夷三郎殿」と称されて海を司る神として祀られたという。

創建時期は不明だが、延喜式内社の「大国主西神社」に同定する説がある。現在、境内末社大国主西神社が式内社とされているが、後述のように西宮神社自体を本来の式内大国主西神社とする説もある。だが延喜式神名帳では菟原郡となっており、西宮神社がある武庫郡ではなく、西宮神社にせよ現在の大国主西神社にせよ、式内社とするには一致しない。ただし武庫郡菟原郡の境界は西宮神社の約200m西側を流れる夙川でありこの河道の変遷により古代は菟原郡に所属したとする説もある。

式内大国主西神社との関係がいずれとしても、平安時代には廣田神社の境外摂社であり「浜の南宮」または「南宮社」という名であった。廣田神社神祇伯白川伯王家との関係から頻繁に白川家の参詣を受けており、既に篤く信仰されていたことが記録に残っている。

平安時代末期、廣田神社の摂社として「夷」の名が初めて文献にあらわれるようになる。そのためこの頃から戎信仰が興ったとの説がある(同時期の梁塵秘抄にも、諏訪大社南宮大社、敢国神社と共に、廣田神社末社が南宮とされている)。この南宮が現在の西宮神社のことであり、廣田神社の境外摂社である「南宮神社」が現在でも西宮神社の境内にあるのはその名残りである。
名称
「西宮」という名称の起源について以下のように諸説ある。

えびす神を最初に祀ったと伝わる鳴尾や古代の先進地域である津門から見て「西の方の宮」という説
京都から見て貴族の崇敬篤き廣田神社を含む神社群を指して「西宮」と称していたが、戎信仰の隆盛と共に戎社を「西宮」と限定して呼ぶに至ったという説
「西宮」とは上述の延喜式内社の大国主西神社の事を指すとの説(Wikipediaより)

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815174139j:image


 

 

 

 

 

 

 

いったん阪神西宮駅に戻って、そこからバスに乗り

廣田神社を目指します。

 

 

途中…………

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815173113j:image

西宮警察署バス停

西宮職業安定所バス停

間のバス亭の名前が
【中村】ってのが笑ってしまったwwwwwww

 

 

ゲンさんが捕まって無職になって職探しをする、みたいな感じwwwwwww

 

 

 

ひとりでバスの中で笑いこらえる44歳(ノ´∀`*)ヤバイ

 

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815173234j:image自販機もさすが西宮やなぁ。

 

 

 

 

 

なんてアホな事を考えているうちに

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815173341j:image
f:id:KOBANNAD:20180815173357j:image
f:id:KOBANNAD:20180815173422j:image


 

 

廣田神社ひろたじんじゃ)は、兵庫県西宮市にある神社。式内社名神大社)、二十二社(下八社)の一社。旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

日本書紀に当社の創建のことが書かれている。神功皇后三韓征伐に出発する際、天照大神の神託があり、和魂が天皇の身を守り、荒魂が先鋒として船を導くだろうと言った。皇后の留守の間に忍熊王神功皇后とお腹の中にいる皇子(後の応神天皇)を亡きものにしようと明石で待ち伏せていた。戦いを終え、帰途それを知った神功皇后は、紀淡海峡に迂回して難波の港を目指した。しかし、難波の港が目の前という所で、船が海中でぐるぐる回って進めなくなってしまった。そこで兵庫の港に向かい、神意をうかがうと、天照大神の託宣があった。「荒魂を皇居の近くに置くのは良くない。広田国に置くのが良い」と。そこで皇后は、山背根子の娘の葉山媛に天照大神の荒魂を祀られた。これが廣田神社の創建である。このとき、生田神社・長田神社住吉大社に祀られることになる神からも託宣があり、それぞれの神社の鎮座が行われた。すると、船は軽やかに動き出し、忍熊王を退治することができた。

朝廷より篤い崇敬を受け、『延喜式神名帳』では名神大社に列し、二十二社の一社とされ、たびたび奉幣勅使の派遣があった。平安時代後期より、神祇伯白川家との関係が深く、代替わりのごとに当社に参詣していた。中世には和歌の神として信仰されるようになり、社頭にて何度か歌合せが行われている。

当初は甲山山麓の高隈原に鎮座し、後に御手洗川のほとりに遷座したが、水害のため、享保9年(1724年)に現在の西山の地に遷座し、1945年、空襲による全焼までは西側の廣田山に鎮座していた。戦後、その東側の現在地に移転した。明治4年1871年)には官幣大社に列格した(兵庫県で最初。伊弉諾神宮は1931年に列格)。かつて「向か津峰」と呼ばれた六甲山全山は、元は廣田神社社領であったという。六甲山大権現を古くからの祭神とする六甲山神社(むこやまじんじゃ石の宝殿=現廣田神社の摂社)と六甲比命神社(むこひめじんじゃ)がかつての奥宮と考えられる。六甲比命神社は、インドの渡来僧法道仙人によって大化の改新の頃に、付近の心経岩・雲ヶ岩とともに、唐櫃(からと)の吉祥院多聞寺 (神戸市北区)(本尊は毘沙門天・吉祥天・禅膩師童子)奥の院とされた。 六甲山東麓の社家郷山は廣田神社宮司家の所有地であったその名残という。   昭和20年に空襲によって社殿を焼失、現在の本殿は伊勢神宮荒祭宮の旧社殿を譲り受けて昭和31年に竣工したものである。平成13年に鎮座1800年の喜節を迎えた。

廣田神社を中心とする神社群は、京から西国方向を目指す街道上にある神社ということで「西宮」(にしのみや)とも呼ばれていた。「西宮」の語は、後に廣田神社の神郷一帯(現在の神戸市東部から尼崎市西部まで)を指すようになったが、行政区画では廣田神社武庫郡大社村、戎社(現・西宮神社)が西宮町となり、現在は町村合併により西宮市に含まれている。えべっさんで有名な西宮神社は元は廣田神社の摂社、浜南宮で、西宮神社境内の南宮神社がその原型といえる。(Wikipediaより)

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815174226j:image

 

 

 

 

 

再びバスで阪神西宮へ

途中また中村バス停で笑いを堪えながら(* ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

そしてまさかの阪神尼崎へ

 

尼崎のえべっさん


f:id:KOBANNAD:20180815174659j:image
f:id:KOBANNAD:20180815174723j:image
f:id:KOBANNAD:20180815174737j:image

尼崎戎神社(あまがさきえびすじんじゃ)は、兵庫県尼崎市にある神社。別名倉持戎大宮、または「ちぢみさん(後述)」と呼ばれている 。商売繁昌の神様「尼のえべっさん」として参拝者に親しまれており、毎年1月9日より11日まで十日戎大祭が開催されている。

創建は醍醐天皇以前の時代であるという伝承が残されている。

正和年間に近江坂本の日吉神社に属する一社が尼崎に祀られ、その後別所町と別所村に分社、別所村字内畑(現・尼崎市西本町五丁目)には戎太神宮が建立され氏神として祀られた 。

戎太神宮は、近代には事代主神社(ことしろぬしじんじゃ)を経て現在の社号へ改称。太平洋戦争中の1945年(昭和20年)には、社地が空襲時の家屋疎開用地に指定されたが、終戦により撤去を免れている。

古代の当神社は海辺に近く、漁業航海を守る海の神様としてえびすと同一視された事代主(ことしろぬし)が主祭神とされた。その後市内の商業・工業が発展してからも、商売繁盛の神様として崇拝されている。

またその昔、菅原道真が九州の大宰府に向けて航海する途中尼崎に立ち寄り、立ち並ぶ老松や砂浜の景観に感銘を受けた「琴の浦」に関する逸話にちなみ、学問の神様(天神様)として祀られている。

当神社の社地は南北朝以来数々の戦火に巻き込まれ、また災害を被る毎に社勢が衰え、分断や縮小を余儀なくされていったことから、前述の「ちぢみさん」の別称が付いたと言われている。

現在の社地は東に向かって狭くなる細長の三角形をしており、拝殿等の建築物は西側に寄せられている。社地のほぼ中央に大鳥居が建てられており、周囲には遊具やベンチ等が設置され、普段は神田公園の名称で開放されている。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815174921j:image実はここの御朱印はかわいらしいので有名なのです(ミーハー発言)

 

 

正直、思ってた以上に疲れたw

 

 

 

2018年 8月巡礼記 西国、新西国、法然上人霊場

ふぅ。

 

やっと8月のお話が書けそうです。

 

先月もこんなこと言ってたね、とかツッコミは御容赦下さい。

 

 

 

 

 

 

まずは8/1デース!

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815130551j:image

 

 

 

仕事辞めてまぁ現在もそうなんですが、1ヶ月以上有給休暇の消化期間がありまして。

 

正直ゲンさんには『夏休み』だの『ニート』だの『自宅警備員』だのと羨ましさを込めたイヤミを言われておる今日この頃ですwwwwwww

 

 

 

 

 

 

実は今年西国の先達の八角朱印を全て集めると1巡扱いになりますが。

先日【満願霊場】の33番谷汲さんで伺ったところ

 

「すいません、先達事務局のあるお寺でしかそれ(八角朱印)の昇補の対応出来ないんですわ」

 

 

何の為の満願霊場やねんって言いかけて止めましたがww

 

 

っていうことで、この日19番革堂行願寺さまを訪れて

 

先達の納経軸に特別昇補の印を頂きまして
f:id:KOBANNAD:20180815132848j:image一番左上のヤツね。

 


f:id:KOBANNAD:20180815133111j:image中先達の申請用紙も頂いたのであります。

 

 

 

 

 

 

 

さて、8/5のお話デース!

 

 

 

 

朝からいつも通りゲンさんとカーチャンを迎えに行きまして

 

 

生駒の山を越え向かいますは

法然上人霊場第11番札所


f:id:KOBANNAD:20180815133342j:image大仏さまで有名

子供でも知ってます

華厳宗総本山奈良東大寺にあります


f:id:KOBANNAD:20180815133513j:image
f:id:KOBANNAD:20180815133531j:image東大寺指図堂

 

指図堂

 

大仏殿の西にある。法然の画像を祀る堂。鎌倉時代、大仏の復興に携わった重源は、法然の推挙で大仏復興の大勧進職となった。この堂に復興大仏殿の指図(設計図)を納めたことから指図堂の名が付いたという。浄土教にも関心の強かった重源の招きで法然がこの地で浄土三部経を講じたという。もとこの堂にあった木造釈迦如来坐像(鎌倉時代重要文化財)は奈良国立博物館に寄託されている。建物は江戸時代末期のものであるが、法然上人二十五霊場11番札所であるため、浄土宗側が喜捨等で再建に協力している。(Wikipediaより)

 


f:id:KOBANNAD:20180815133927j:image
f:id:KOBANNAD:20180815133943j:image中も写真撮って良いよー、と気さくにオバチャンが言ってくれまりました。

 


f:id:KOBANNAD:20180815134046j:image
f:id:KOBANNAD:20180815134102j:imageよく見ると阿弥陀さまが傾いています。

地震とかで傾いた訳ではなくこういう造りなんだそうです。

 

我々に体を傾けて耳を傾けて下さっておられるとの事。

 

 

「スキーのジャンプみたいやろ」

ってオバチャンの持ちネタなんやろなぁwwwwwww

 

 



f:id:KOBANNAD:20180815134426j:image納経印

 

 

 

さて、そのまま西国霊場第9番札所 興福寺南円堂さまへ。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815134550j:image金堂の修復もほぼ終わりそうですね。

10月には落慶法要が行われるそうです。


f:id:KOBANNAD:20180815134715j:image金髪の欧米の方が御朱印貰ってました。

なかなかすごいな御朱印ブームw

 

外人さんかスタンプラリーになっちゃうのはまぁ仕方ないかなと思うとこもありますが、

中にはお経上げはる方も居ますからねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

で、

大和三山百人一首持統天皇の歌でも有名な香久山を目指します。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815135029j:image
f:id:KOBANNAD:20180815135048j:image法然上人霊場第10番札所 香久山 法然寺さま。

 

 

少林院法然寺(ほうねんじ)は、奈良県橿原市の香久山(大和三山)の麓にある浄土宗の寺院。法然上人二十五霊場の第十番。御詠歌は「極楽へつとめて早く出でたたば身の終わりには参りつきなん」。

元久2年(1205年)3月、法然高野山参詣からの帰途、聖徳太子が誕生したと言われている橘寺への巡拝のおりに庵に一夜の宿泊をした。庵主は法然に帰依し行者と成り、法然を開山とした。
明応8年(1499年)10月、知恩院の保誉は霊夢で「香久山や麓の寺はせまけれど 高きみのりを説きて弘めむ」との歌を法然から授かった。(Wikipediaより)

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815135312j:image納経印

 

 

 

 

 

更に南都の地を車は走る。

 

 

 

 

 

 

法然上人霊場第9番札所

新西国霊場第11番札所

當麻寺(たいまでら)


f:id:KOBANNAD:20180815135713j:image

 

當麻寺(たいまでら、常用漢字体:当麻寺)は、奈良県葛城市にある7世紀創建の寺院。法号は「禅林寺」。山号は「二上山」。創建時の本尊は弥勒仏(金堂)であるが、現在信仰の中心となっているのは当麻曼荼羅(本堂)である。宗派は高野山真言宗と浄土宗の並立となっている。開基(創立者)は聖徳太子の異母弟・麻呂古王とされるが、草創については不明な点が多い。

西方極楽浄土の様子を表した「当麻曼荼羅」の信仰と、曼荼羅にまつわる中将姫伝説で知られる古寺である。毎年5月14日に行われる練供養会式(ねりくようえしき)には多くの見物人が集まるが、この行事も当麻曼荼羅と中将姫にかかわるものである。奈良時代 - 平安時代初期建立の2基の三重塔(東塔・西塔)があり、近世以前建立の東西両塔が残る日本唯一の寺としても知られる。

大和七福八宝めぐり(三輪明神長谷寺信貴山朝護孫子寺當麻寺中之坊安倍文殊院、おふさ観音、談山神社久米寺)の一つに数えられる。

本項では寺号と行政地名については現地における表記を尊重して「當麻」とし、人名、作品名等については「当麻」の表記を用いる。

中将姫の蓮糸曼荼羅当麻曼荼羅)の伝説で知られる當麻寺は、二上山(にじょうざん、ふたかみやま)の麓に位置する。當麻寺がある奈良県葛城市當麻地区(旧・北葛城郡當麻町)は、奈良盆地の西端、大阪府に接する位置にあり、古代においては交通上・軍事上の要地であった。二上山は、その名のとおり、ラクダのこぶのような2つの頂上(雄岳、雌岳という)をもつ山で、奈良盆地東部の神体山・三輪山桜井市)と相対する位置にある。二上山は、大和の国の西に位置し、夕陽が2つの峰の中間に沈むことから、西方極楽浄土の入口、死者の魂がおもむく先であると考えられた特別な山であった。二上山はまた、古墳の石室や寺院の基壇の材料になる凝灰岩(松香石)や、研磨剤となる柘榴石の産地でもあった。

古代の大和国の東西の幹線路であった横大路は、現在の葛城市長尾付近が西端となり、そこから河内方面へ向かう道は二上山の南を通る竹内(たけのうち)峠越え(竹内街道)と岩屋峠越え、二上山の北を通る穴虫峠越え(大坂道)に分かれる。この分岐点付近を古代には当麻衢(たいまのちまた)と呼び、672年の壬申の乱の際には戦場となった。これらの峠越えは、河内と大和を結ぶ主要な交通路で、古代には中国大陸や朝鮮半島から渡来の文物が難波(大阪)の港から都へと運ばれるルートでもあった。平安時代浄土教僧で『往生要集』の著者である恵心僧都源信はこの地方の出身である。また、当麻の地は折口信夫釈迢空)の幻想的な小説『死者の書』の舞台としても知られる。

当麻は、山道が「たぎたぎしい(険しい)」ことから付けられた名であるとの通説があるが、神功皇后の母方の先祖(アメノヒボコの子孫)、尾張氏、海部氏の系図を見ても頻繁に但馬と当麻あるいは葛城との深い関係が類推される。

當麻寺はこの地に勢力をもっていた豪族葛城氏の一族である「当麻氏」の氏寺として建てられたものと推定されている。金堂に安置される弥勒仏像と四天王像、境内にある梵鐘と石灯籠、出土した塼仏、古瓦などは、いずれも天武朝頃(7世紀後半)の様式を示し、寺の草創はこの頃と推定されるが、創建の正確な時期や事情については正史に記録が見えず、今ひとつ明らかでない。
創建縁起
当麻曼荼羅への信仰が広がり始めた鎌倉時代になって、ようやく各種書物や記録に當麻寺の草創縁起が見られるようになる。その早い例は、12世紀末、鎌倉時代初期に成立した『建久御巡礼記』という書物である。これは、建久2年(1191年)、興福寺の僧・実叡がさる高貴の女性(鳥羽天皇の皇女八条院と推定される)を案内して大和の著名寺社を巡礼した際の記録である。同書に載せる縁起によれば、この寺は法号を「禅林寺」と称し、聖徳太子の異母弟である麻呂古王弥勒仏を本尊として草創したものであり、その孫の当麻真人国見(たいまのまひとくにみ)が天武天皇9年(680年)に「遷造」(遷し造る)したものだという。そして、当麻の地は役行者ゆかりの地であり、役行者の所持していた孔雀明王像を本尊弥勒仏の胎内に納めたという。

建長5年(1253年)の『大和国當麻寺縁起』によれば、麻呂子王による草創は推古天皇20年(612年)のことで、救世観音を本尊とする万宝蔵院として創建されたものであるという。その後、天武天皇2年(673年)に役行者から寺地の寄進を受けるが、天武天皇14年(685年)に至ってようやく造営にとりかかり、同16年(687年)に供養されたとする。『上宮太子拾遺記』(嘉禎3年・1237年)所引の『当麻寺縁起』は、創建の年は同じく推古天皇20年とし、当初は今の當麻寺の南方の味曽地という場所にあり、朱鳥6年(692年か)に現在地に移築されたとする。なお、前身寺院の所在地については味曽地とする説のほか、河内国山田郷とする史料もある(弘長2年・1262年の『和州當麻寺極楽曼荼羅縁起』など)。河内国山田郷の所在地については、交野郡山田(現大阪府枚方市)とする説と、大阪府太子町山田とする説がある。

以上のように、史料によって記述の細部には異同があるが、「聖徳太子の異母弟の麻呂子王によって建立された前身寺院があり、それが天武朝に至って現在地に移転された」という点はおおむね一致している。福山敏男は、縁起諸本を検討したうえで、麻呂子王による前身寺院の建立については、寺史を古く見せるための潤色であるとして、これを否定している。前述のように、寺に残る仏像、梵鐘等の文化財や、出土品などの様式年代はおおむね7世紀末まではさかのぼるもので、當麻寺壬申の乱に功績のあった当麻国見によって7世紀末頃に建立された氏寺であるとみられる。
平安時代以降
奈良時代から平安時代にかけての寺史は、史料が乏しく、詳しいことはわかっていない。現存する本堂(曼荼羅堂)は棟木墨書から永暦2年(1161年)の建立と判明するが、解体修理時の調査の結果、この堂は奈良時代に建てられた前身建物の部材を再用していることがわかっている。寺に伝わる当麻曼荼羅は、前出の『建久御巡礼記』によれば、天平宝字7年(763年)に作られたとされている。『弘法大師年譜』には弘仁14年(823年)、空海當麻寺を訪れて曼荼羅を拝し、それ以降、當麻寺真言宗寺院となったという伝えがある。

治承4年(1180年)、平重衡の南都焼き討ちにより、東大寺興福寺などの伽藍の大部分が焼失したが、興福寺と関係の深かった當麻寺も焼き討ちの被害に遭い、東西両塔などは残ったが、金堂、講堂など、一部の堂宇を焼失した。

平安時代末期、いわゆる末法思想の普及に伴って、来世に阿弥陀如来西方極楽浄土に生まれ変わろうとする信仰が広がり、阿弥陀堂が盛んに建立された。この頃から當麻寺阿弥陀如来の浄土を描いた「当麻曼荼羅」を安置する寺として信仰を集めるようになる。中でも浄土宗西山派の祖・証空は、貞応2年(1223年)に『当麻曼荼羅註』を著し、当麻曼荼羅の写しを十数本制作し諸国に安置して、当麻曼荼羅の普及に貢献した。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新西国の霊場は本堂ですが
f:id:KOBANNAD:20180815135755j:image

 

 

 

 

法然上人霊場奥の院になります(別途入山料が必要)


f:id:KOBANNAD:20180815135859j:image
f:id:KOBANNAD:20180815135912j:image
f:id:KOBANNAD:20180815135933j:image蓮の花が美しく咲いていました。


 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815140006j:image法然上人納経印

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815140052j:image新西国納経印


 

 

 

 

 

さて、一路山を越え大阪に戻ってきた3人はひとまず中華屋さんで昼御飯を食べて、

 

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815140718j:image

 

新西国霊場客番 叡福寺さま。

 


f:id:KOBANNAD:20180815140737j:image
f:id:KOBANNAD:20180815140754j:image

聖徳太子さまの御廟があるので有名ですね。

 

 

 

叡福寺(えいふくじ)は、大阪府南河内郡太子町にある仏教寺院。聖徳太子墓所とされる叡福寺北古墳(磯長墓〈しながのはか〉)があることで知られる。山号は磯長山(しながさん)、本尊は如意輪観音である。開基(創立者)は、聖徳太子または推古天皇とも、聖武天皇ともいわれる。宗派は真言宗系の単立寺院で、太子宗を名乗る。また「上之太子」と呼ばれ、「中之太子」野中寺(羽曳野市)、「下之太子」大聖勝軍寺(八尾市)とともに三太子の一つに数えられている。

この寺にある叡福寺北古墳(磯長墓)には、聖徳太子、太子の母・穴穂部間人皇女、太子の妃・膳部菩岐々美郎女が埋葬されているとされ、「三骨一廟」と呼ばれる。叡福寺の所在する磯長(しなが)は蘇我氏ゆかりの地であり、聖徳太子の父(用明天皇)と母はともに蘇我氏の血を引いているが、この古墳の被葬者を聖徳太子とすることについては異説もある。なお、叡福寺近辺には敏達天皇用明天皇推古天皇孝徳天皇の陵もある。

寺伝によれば、聖徳太子は生前、推古天皇28年(620年)にこの地を墓所と定めたという。推古天皇29年(621年)、穴穂部間人皇女が没するとここに葬られる。翌年の推古天皇30年(622年)には、相次いで没した聖徳太子と妃の膳部菩岐々美郎女が追葬されたといわれる。太子の没後、伯母にあたる推古天皇が土地建物を寄進し、墓守りの住む堂を建てたのが叡福寺の始まりとされている。約1世紀後の神亀元年(724年)、聖武天皇の発願で東院・西院の2つの伽藍を整備し、西院を叡福寺と称したというが、このことは正史には見えず、史実かどうか定かではない。叡福寺の創建年代については諸説あり、実際の創建は平安時代以降に下るとする見かたもある。

叡福寺は聖徳太子ゆかりの寺として、歴代の天皇や権力者に重んぜられた。平安時代には嵯峨天皇をはじめ多くの天皇が参拝しており、平清盛は子息の平重盛に命じて堂塔の修理をさせている。また聖徳太子は、仏教の興隆に尽力したため、日本仏教の開祖として賛仰された。空海良忍親鸞日蓮・一遍など新仏教の開祖となった僧たちが、墓所があるこの寺に参籠したことが知られている。

当寺は、天正2年(1574年)の織田信長による兵火で大きな被害を受け、古代の建物は残っていない。その後、慶長年間(1596年 - 1615年)、後陽成天皇の勅願により豊臣秀頼が伽藍を再興した。

 

 

太子廟の七不思議
1樹木が生い茂った御廟内には、松や笹が生えない。
2鳥が巣を造らない。
3大雨が降っても御廟の土が崩れない。
4御廟を取り巻く結界石は何度数えても数が合わない。
5メノウ石に太子の御記文が彫られたものが、太子の予言どおりに死後430年後の天喜2年(1054年)に発見された。
6御廟も西にあるクスノキは、母后を葬送したときに、太子自らがかついだ棺の轅(ながえ)を挿したものが芽をふき茂った。
7寛平6年(894年)、法隆寺の康仁大徳が御廟内を拝見した時、太子の着衣は朽ちていたが、その遺骸は生きているように温かくやわらかだった。

 

 

生誕地の橘寺と叡福寺と兵庫県太子町の斑鳩寺とは一直線に並ぶ。
花山法皇は、叡福寺の僧といわれる仏眼の導きを得て西国三十三所を復興した。(Wikipediaより)

 


f:id:KOBANNAD:20180815141246j:image納経印

 

 

 

 

 

 

 

さて、この叡福寺さまから道路を挟んで向かい側に


f:id:KOBANNAD:20180815141401j:image
f:id:KOBANNAD:20180815141425j:image
f:id:KOBANNAD:20180815141455j:image新西国霊場第8番札所 西方院さま。


 

 

西方院(さいほういん)は、大阪府南河内郡太子町にある浄土宗の仏教寺院。山号は南向山、寺号は法楽寺。

寺伝によれば、創立は推古天皇30年(622年)、開基は三尼公(善信尼、禅蔵尼、恵善尼)。本尊は阿弥陀如来と十一面観音菩薩
『河内名所図会』等に見える伝承によれば、推古天皇30年(622年)に聖徳太子が死去した後に出家した三人の侍女、善信(俗名月益、蘇我馬子の娘)・禅蔵(俗名日益、小野妹子の娘)・恵善(俗名玉照、物部守屋の娘)により、聖徳太子廟がある叡福寺の門前にその塔頭として法楽寺の寺号で創建されたといい、聖徳太子作の阿弥陀如来像を本尊として遺髪を納めたと伝わる。

以上の縁起から、日本最古の尼寺であるともいう。ただし、『日本書紀』によれば、善信尼は司馬達等の娘、恵善尼は錦織壺の娘で、出家したのは敏達天皇13年(584年)であり、日本最古の尼寺は飛鳥の豊浦寺である。

江戸時代初期の寛永16年(1639年)、衰退し荒廃していた寺を蓮誉寿正尼が中興し、名称は西方院と改められた。(Wikipediaより)

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815141708j:image納経印

 

 

 

 

 

この日大阪は36度を超える真夏日

 

しかしウチのカーチャンタフだよねぇ。来年70歳なのにw

 

 

 

 

 

 

 

さて、次は
f:id:KOBANNAD:20180815141922j:image楠木正成公がお迎え頂けます。


f:id:KOBANNAD:20180815142006j:image

新西国霊場客番 観心寺さま。

 

 

 

 

観心寺(かんしんじ)は、大阪府河内長野市寺元にある高野山真言宗の寺院。山号を檜尾山と称し、遺跡本山である。本尊は如意輪観音、開基(創立者)は実恵である。 仏塔古寺十八尊第十三番。奥河内の観光地の一つ。大阪みどりの百選に選定されている

伝承では、大宝元年(701年)、役小角役行者)が開創し、当初、雲心寺と称したとされる。その後、大同3年(808年)、空海がこの地を訪れ、北斗七星を勧請したという。これにちなむ7つの「星塚」が現在も境内に残る(なお、北斗七星を祭る寺は日本では観心寺が唯一である)。

弘仁6年(815年)、空海は再度この地を訪れ、自ら如意輪観音像を刻んで安置し、「観心寺」の寺号を与えたという。「空海が自ら刻んで」云々の話は伝承の域を出ないが、現在金堂本尊として安置される如意輪観音像は、様式的に9世紀の作品とされている。また、観心寺には奈良時代にさかのぼる金銅仏4体が伝来することから、奈良時代草創説もあながち否定はできない。

観心寺の実質的な開基とみられるのは、空海の一番弟子にあたる実恵である。『観心寺縁起資財帳』(国宝)などによると天長4年(827年)、実恵の意を受け、弟子の真紹が造営を始めている(なお、年次に関しては天長2年(825年)とする異説もある)。承和3年(836年)には石川郡東坂荘が勅によって施入されたと伝えられている。鎌倉時代の末期には塔頭50か寺以上を誇る大寺院となっていた。

観心寺は楠木氏の菩提寺であり、楠木正成および南朝ゆかりの寺としても知られている。正平14年(1359年)12月から翌正平15年(1360年)9月まで後村上天皇の行宮となった。また、境内には後村上天皇桧尾陵がある。

境内にある建掛塔(たてかけとう)は、一見、普通の仏堂のように見えるが、三重塔の一重目だけが建てられた、未完成の建築である。伝承によれば、楠木正成は、建武の新政の成功を祈願して三重塔の建立を発願したが、造営なかばで湊川の戦いで討ち死にしたため、建築が中断され、そのままになっているという。討ち死にした正成の首は当寺に届けられ、首塚に祀られている。

室町時代以降は、管領畠山氏の庇護を受けて栄えたが、戦国時代に入ると織田信長に寺領を没収された。しかし文禄3年(1594年)豊臣秀吉によって25石の寄進を受け、豊臣秀頼によって金堂や諸堂の修復などが行われた。江戸時代になると、塔頭槙本院の檀家であった江戸幕府の旗本甲斐庄氏などの支えにより、伽藍の維持に努めた。

安永年間(1772年 - 1781年)には30余りあった塔頭は慶応年間(1865年 - 1868年)には12坊となり、明治時代となって廃仏毀釈が始まるとさらに減り、現在では本坊となった槙本院の他には中院を残すのみである。

2005年(平成17年)には高野山真言宗総本山金剛峯寺より遺跡本山の寺格が贈与された。(Wikipediaより)

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815142236j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142251j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142312j:image


 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815142331j:image納経印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、更に山道をゆきます

 

 

 

新西国霊場第7番札所 金剛寺さま。


f:id:KOBANNAD:20180815142440j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142457j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142539j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142551j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142604j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142620j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142656j:image
f:id:KOBANNAD:20180815142708j:image



金剛寺(こんごうじ)は大阪府河内長野市にある真言宗御室派大本山である。山号は天野山(あまのさん)。高野山が女人禁制だったのに対して女性も参詣ができたため、「女人高野」とも呼ばれる。奥河内の観光地の一つ。大阪みどりの百選に選定されている

寺伝ではインドのアショーカ王(阿育王)が投げた8万4千の鉄塔のうちの一つがこの地に落ちたとする。奈良時代天平年間(729年~749年)に聖武天皇の勅願によって行基が開いたとされる。弘法大師空海)も修行をしたとされている。平安時代末期に高野山の僧・阿観(あかん)が住すると、後白河上皇と妹の八条院の篤い帰依を受けた他、治承4年(1180年)には地元の武士である源貞弘から土地を寄進されるなどし、金堂・御影堂などを建立し、再興した。八条院の帰依を受けたほか、八条院の侍女大弐局(浄覚尼)と妹の六条局(覚阿尼)が阿観の弟子となり、二代続けて院主となるなどし、女性の参詣ができたため、「女人高野」と呼ばれて有名となった。

鎌倉時代末期には100近い塔頭があり、後醍醐天皇と近しい関係を築き、南北朝時代には観心寺と共に南朝方の一大拠点となった。延元元年/建武3年(1336年)10月1日には後醍醐天皇によって勅願寺とされた。また、この時の綸旨には「皇統の長久を祈るべし」とあるが、数百通ある後醍醐天皇の綸旨の中でこのような文言が書かれた綸旨は他にはない。また、室町幕府に追われた後醍醐天皇の護持僧である文観をかくまっている。

正平9年/文和3年(1354年)3月には大和国賀名生から北朝光厳上皇・光明上皇・崇光上皇廃太子直仁親王を当寺に移動させると観蔵院をその行宮とし、10月には後村上天皇自身も到来し、摩尼院を行宮として食堂を政庁天野殿(あまのでん)とするなどして南朝の本拠地とした。

正平10年/文和4年(1355年)には光明上皇を京都に返し、正平12年/延文2年(1357年)2月には光厳上皇・崇光上皇直仁親王も京都に返された。そして正平14年/延文4年(1359年)12月には後村上天皇観心寺に移った。

正平15年/延文5年(1360年)には北朝の畠山氏の攻撃を受けて40余りの塔頭が焼失する。さらに、文中2年/応安6年(1373年)には、和平に反対する長慶天皇が行在所としていた当寺に、和平派ゆえに北朝に寝返った楠木正儀があえて攻撃を加え、天皇を当寺から除かせて、しばらくの間占領する事件も起きた。

その後は戦火に遭うこともなく、室町時代の永享4年(1432年)頃からは銘酒天野酒を販売して収入源にしたりし、永正11年(1514年)には依然として塔頭が70もあって威勢を誇り、江戸時代末期には307石の寺領があった。

しかし、明治時代となって廃仏毀釈のためもあり、塔頭は減少し、現在では摩尼院、観蔵院、吉祥院を残すのみである。

それでも、主要伽藍などが戦火に掛からなかったので貴重な文化財が数多く残されている。(Wikipediaより)



 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815142951j:image納経印

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの日最後の打ち納め

 

 

 

 

 

西国霊場第5番札所 葛井寺

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815143058j:image

f:id:KOBANNAD:20180815150417j:image


 

 

 

 

 

 

 

更に8/7のお話デース!

 

 

 

残すところ後1ヶ寺となった新西国霊場

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815150713j:image
f:id:KOBANNAD:20180815150728j:image

大好きな京阪プレミアムカーに乗り出町柳へ。

 

 

そこから叡山電鉄に乗り換えます。


f:id:KOBANNAD:20180815150832j:image
f:id:KOBANNAD:20180815150844j:image叡山電鉄出町柳駅構内

 

 

 

そして
f:id:KOBANNAD:20180815150945j:image鞍馬駅を降りれば目的地

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815151015j:image
f:id:KOBANNAD:20180815151028j:image

新西国霊場第19番札所 鞍馬寺

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815151116j:image
f:id:KOBANNAD:20180815151134j:image

鞍馬寺(くらまでら)は、日本の京都府京都市左京区鞍馬本町に所在する寺である。1949年までは天台宗に属したが、以降、独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山(くらまやま)。鑑真の高弟・鑑禎(がんてい)によって開山されたという。本尊は、寺では「尊天」と称している。「尊天」とは毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという。

京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する。鞍馬は牛若丸(源義経)が修行をした地として著名であり、能の『鞍馬天狗』でも知られる。新西国十九番札所である。

なお、鞍馬寺への輸送機関としてケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)を運営しており、宗教法人としては唯一の鉄道事業者ともなっている。
歴史
寺に伝わる『鞍馬蓋寺縁起』(あんばがいじえんぎ)が草創縁起を伝えており、鑑真の高弟・鑑禎が宝亀元年(770年)に草庵を結び、毘沙門天を安置したのが始まりという。鑑禎は、鑑真が唐から伴ってきた高弟8名のうちの最年少であった。宝亀3年(772年)のある夜、鑑禎は霊夢を見、山城国の北方に霊山があると告げられる。霊山を尋ねて出かけた鑑禎は、ある山の上方に宝の鞍を乗せた白馬の姿を見る。その山が鞍馬山であった。山に入った鑑禎は女形の鬼に襲われ殺されそうになるが、あわやという時、枯れ木が倒れてきて鬼はつぶされてしまった。翌朝になると、そこには毘沙門天の像があったので、鑑禎はこれを祀る一寺を建立したという。この鑑禎の話は『鞍馬蓋寺縁起』以外の書物には見えず、どこまで史実を伝えるものかわからない。ただし、清水寺の草創縁起と同様、南都(奈良)の僧が創建にかかわったとしている点は注目される。

今昔物語集』『扶桑略記』など諸書には別の伝承が見られる。それによれば、延暦15年(796年)、藤原南家の出身で造東寺長官を務めた藤原伊勢人は、自分の個人的に信仰する観音を祀る寺を建てたいと考えていた。伊勢人は、ある夜見た霊夢のお告げにしたがい、白馬の後を追って鞍馬山に着くと、そこには毘沙門天を祀る小堂(上述の鑑禎が建てたもの?)があった。「自分は観音を信仰しているのに、ここに祀られているのは毘沙門天ではないか」と伊勢人はいぶかしがった。ところが、その晩の夢に1人の童子が現われ、「観音も毘沙門天も名前が違うだけで、実はもともと1つのものなのだ」と告げた。こうして伊勢人は千手観音の像をつくって、毘沙門天とともに安置し、鞍馬寺を創建したという。この伝承は『日本後紀延暦15年(796年)の条に東寺の造営の任に当たっていた藤原伊勢人の夢に現在の鞍馬寺からほど近い貴船神社の神が現れ鞍馬寺を建立するよう託宣したと記されていることからほぼ史実であると考えられる。

9世紀末の寛平年間(889年 - 897年)東寺の僧・峯延(ぶえん)が入寺したころから、鞍馬寺真言宗寺院となるが、12世紀には天台宗に改宗し、以後の鞍馬寺は長く青蓮院の支配下にあった。寛治5年(1091年)には白河上皇が参詣、承徳3年(1099年)には関白藤原師通が参詣するなど、平安時代後期には広く信仰を集めていたようである。『枕草子』は「近うて遠きもの」の例として鞍馬寺の九十九(つづら)折りの参道を挙げている。

鞍馬寺は大治元年(1126年)の火災をはじめとして、たびたび焼失している。江戸時代の文化9年(1812年)には一山炎上する大火災があり、近代に入って1945年(昭和20年)にも本殿などが焼失している。このため、堂宇はいずれも新しいものだが、仏像などの文化財は豊富に伝えられている。

昭和期の住職・信楽香雲(しがらきこううん)は、1947年に鞍馬弘教を開宗。1949年には天台宗から独立して鞍馬弘教総本山となっている。

京都の奥にある鞍馬山山岳信仰、山伏による密教も盛んであった。そのため山の精霊である天狗もまた鞍馬に住むと言われる。鞍馬に住む大天狗は僧正坊と呼ばれる最高位のものでありまた鞍馬山は天狗にとって最高位の山のひとつであるとされる。
本尊
京都の北に位置する鞍馬寺は、もともと毘沙門天(四天王のうち北方を守護する)を本尊とし、併せて千手観世音を祀った寺院であった。しかし、鞍馬弘教立教後の現在の鞍馬寺の信仰形態は独特のもので、本尊についても若干の説明を要する。

鞍馬弘教立教後の寺の説明によると、鞍馬寺本殿金堂(本堂)の本尊は「尊天」であるとされる。堂内には中央に毘沙門天、向かって右に千手観世音、左には護法魔王尊が安置され、これらの三身を一体として「尊天」と称している。「尊天」とは「すべての生命の生かし存在させる宇宙エネルギー」であるとする。また、毘沙門天を「光」の象徴にして「太陽の精霊」・千手観世音を「愛」の象徴にして「月輪の精霊」・魔王尊を「力」の象徴にして「大地(地球)の霊王」としている。鞍馬寺とは、どこにでも存在する「尊天」のパワーが特に多い場所にして、そのパワーに包まれるための道場であるとしている。「尊天」のひとり、「護法魔王尊」(サナート・クマラ)とは、650万年前(「650年」の間違いではない)、金星から地球に降り立ったもので、その体は通常の人間とは異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま、年をとることのない永遠の存在であるという。

本殿金堂の毘沙門天・千手観世音・護法魔王尊はいずれも秘仏であり60年に一度丙寅の年のみ開帳されるが、秘仏厨子の前に「お前立ち」と称する代わりの像が常時安置されている。お前立ちの魔王尊像は、背中に羽根をもち、長いひげをたくわえた仙人のような姿で、鼻が高い。光背は木の葉でできている。多宝塔に安置の護法魔王尊像も同じような姿をしている。このことから「鞍馬天狗」とはもともと護法魔王尊であったと思われる。また、16歳とされているわりに歳をとった姿をしている。(Wikipediaより)

 

 

 

そして


f:id:KOBANNAD:20180815151400j:image新西国霊場 満願致しました!


f:id:KOBANNAD:20180815140034j:image納経印

 

 

 

鞍馬寺境内には

 

由岐神社という神社もあり、御朱印も頂けます。
f:id:KOBANNAD:20180815151732j:image
f:id:KOBANNAD:20180815151753j:image
f:id:KOBANNAD:20180815151807j:image


由岐神社(ゆきじんじゃ)は、京都市左京区鞍馬本町にある神社である。鞍馬寺の鎮守社である。通称靫明神(ゆきみょうじん)。

基本データ: 所在地, 位置 …
大己貴命少彦名命主祭神として「由岐大明神」と総称し、八所大明神を相殿に祀る。
歴史
祭神は元は宮中に祀られていたが、都で大地震天慶の乱が起き、当時の天皇である朱雀天皇の勅により、天慶3年(940年)、鞍馬の地に遷宮をし、北方鎮護を仰せつかった。例祭の鞍馬の火祭は、そのときに里人がかがり火を持って神霊を迎えたことによるものである。

「靫明神」という社名は、天皇の病や国難時に神前に靫(ゆき)を献じて平穏を祈ったことによる。洛中の五條天神社は、国難時にその責任を取って「流罪に処す」として国の役人が神社の扉に靫を架けて閉じるということが行われていたが、『徒然草』によれば由岐神社でも同様のことが行われていたという。由岐神社と五條天神社は祭神が同じである。
境内
本殿と拝殿は、豊臣秀頼により再建。特に拝殿は、割拝殿形式の桃山建築で、国の重要文化財に指定されている。(Wikipediaより)

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180815151918j:image門前の食堂で親子丼ととろろそばを頂いてまいりました。

2018年7月 四国遍路 高知編



今回は


f:id:KOBANNAD:20180814202016j:imageカーチャンと仲良く親子遍路のお話でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お遍路の話をする前にまずは7/24の話。

 

 

仕事前にウチのカーチャンと梅田で待ち合わせてまずは中山寺へ。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814174957j:image


お勤めを済ませて一路逆瀬川駅へ向かいます。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814175058j:image目的地はここ。

元々枚方にあった店舗がこちらに移転したのが今年4月で。

 

お遍路始める前に行ったきり伺ってなかったので、

週末にお遍路に行く前にカーチャンと買い物に来たって訳です。

 

 

なんやろ、でも前の時と比べて別人くらい愛想なかったなぁ。

もう通販だけにしよかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、3ヶ月近く前から言っててやっと取れた土曜日の休み。

 

ぶっちゃけ仕事辞める原因になったのもコレなんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

休み取りたくても取れない。

雀の涙にもならない残業代。

上がらない給料増えるだけの拘束時間。

仕事出来ないクズばっかり回してくる。

 

 

 

 

 

 

 

まぁもう正直しんどかったので、

この遍路前に社長に話をして7月いっぱいで辞めることにしました。

 

 

 

 

 

っと、なんかウダウダと書いてしまいましたが、改めて7/28の朝7:00に神戸の新長田からバスで出発いたしました。

 

 

実はカーチャンが昔から一緒に四国行ってる先生たちの個人バスツアーに参加させて頂いた。

 

ってのが今回のお話です。

 

 

 

ですので全国のゲンさんファンの皆様、今回もゲンさんは登場致しませんごめんなさい(笑)

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814191122j:image

いわゆる普通のバスツアーで二人で使う座席を贅沢に一人で使用しまして。

 

のんびりゆったり休憩をはさみながら、

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814191327j:image
f:id:KOBANNAD:20180814191356j:image

まずは別格4番 鯖大師本坊さま。

 

別格は改めてこちらから2巡目スタートです。

 

 

 

 

 

 

ちょいといつもと違うのは、カーチャンの先生たちの集まりはまた本四国の作法とは違う自分たちのお作法で巡礼されてるので、

郷に入っては郷に従えではありませんが、

こちらのお作法に則ってお勤めを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日東寺で頂いた限定の親玉に、

紫檀の数珠玉(1個500円するほう)を合わせていくことにしました。


f:id:KOBANNAD:20180814191931j:imageこれが普通の

左が男用 右が女用

 


f:id:KOBANNAD:20180814192013j:imageこれが紫檀玉使ったやつ

 

 

 

 

 

出来上がりはいつになりますかね。

 

 

 

 

さて、道の駅にお弁当を予約してあったのを取りに寄って。

 

 

 

 

室戸岬の手前にあります

御厨人窟】へ

 

 

 

 

 

 

御厨人窟(みくろど)は、高知県室戸市室戸岬町にある弘法大師伝説の残る海蝕洞である。御蔵洞とも表記される。四国八十八箇所最御崎寺の近くにあり、番外札所の一つ。日本の音風景100選。なお、隣接する神明窟(しんめいくつ)についても記述する。

御厨人窟と神明窟は国道55号沿いの室戸岬東側に位置する隆起海蝕洞である。洞窟前の駐車スペースとなっている場所は波食台であり洞窟上部の崖は海食崖である。御厨人窟の向かって右側に神明窟がある。それぞれ祠が祀られており、御厨人窟には五所神社があり祭神は大国主命、神明窟は神明宮があり祭神は大日孁貴となっている。

御厨人窟平安時代初期、当時青年であった弘法大師がこの洞窟に居住したと伝えられている。この洞窟から見える風景は空と海のみで、ここから「空海」の法名を得たとされる。

また、神明窟で難行を積んだと伝えられる。難行の最中に明星が口に飛び込み、この時に悟りが開けたと伝えられている。神明窟は2012年秋より、落石のため立入禁止となっている。のち2015年より同様の理由で御厨人窟も封鎖され崖前の全面に柵が設けられ、現在は双窟とも洞内への立入はできなくなっている。そのため参拝に際しては柵の前に設置されている賽銭箱および献花台に対して行う事となっている。また納経を希望する者のために五所神社によって納経朱印所である「みくろど納経所」が駐車スペース内に設置されている。

洞窟の中で聞こえる豪快な波の音は「室戸岬御厨人窟の波音」として環境省の残したい「日本の音風景100選」に選定されているが、上述の通り現在は洞窟内への立入は禁止されているため聞くことは実質不可能になっている。

(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 



f:id:KOBANNAD:20180814192909j:image

f:id:KOBANNAD:20180814193533j:image納経印と御影は書き置きのものがありましたので頂いてまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

個人のツアーなんで勝手が分からないので写真を撮るタイミングがwwwwwww

 

 

 

結局御厨人窟で写真撮れなかったw

 

 

 

 

 

 

 

ってな感じで本四国第24番札所 最御崎寺さま。


f:id:KOBANNAD:20180814194005j:image

 

 

台風が近づいて来てたので逆にカンカン照りにならずに

しかも高知やのに暑くなかったのは幸いでしたねぇ。

 

 

どう考えても走るアタシが悪いんですが、岐阜の谷汲の方がはるかにしんどかったですね。

 

 

 

 

 

 

更に25番札所 津照寺さま。

 


f:id:KOBANNAD:20180814194605j:image
f:id:KOBANNAD:20180814194624j:image写真撮れなかったんで去年のヤツをw

 

 

ってか去年も天気悪かったんよねw

 

 

 

 

更に本四国第26番札所  金剛頂寺さま。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814194927j:image
f:id:KOBANNAD:20180814194953j:image
f:id:KOBANNAD:20180814195013j:image
やっと勝手というかタイミングというか

コツが掴めたというかw

 

なんとか写真も撮りながら、お勤めもして。

 

 

 

 

そうそう、納経用品はツアー全体の分は先生の娘さんがまとめて行きはるんですが、

 

アタシは今回初参加で、しかもお金を旅行前から集めたりしてるの知らなくてwwwwwww

 

 

自分でやりなさいという先生からのお達しがあり、自分で納経所に先に行って貰うもの貰って先生たちに追いついてからお勤めをする、みたいな。

 

 

だから時間あんまりなくて、タイトな話でしたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの日最後のおまいりは、

観光バスでは上まで上がれない(四国はこういうのよくありますからねぇ)本四国第27番札所 神峯寺さま。

 

タクシーとマイクロバスに分乗して行きます。

 

 

しかも本当なら翌日の朝から行く予定を早めて(台風が来るから)ですから

わざわざタクシー会社の方も大変やったと思いますよ、ありがたい話です。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814200009j:image
f:id:KOBANNAD:20180814200023j:image
f:id:KOBANNAD:20180814200038j:image
f:id:KOBANNAD:20180814200053j:image
f:id:KOBANNAD:20180814200107j:image




今回もお隣の神峯神社さまには行けずじまいでしたね。

まぁツアーやから当たり前かw

 

 

 

 

ほぼ単独に近い行動してますが、さすがにそれはアカンよなぁとか考えてwwwwwww

 

 

 

 

 

で、何故か泊まるホテルが御厨人窟の近くなのでまたひたすら戻ってwwwwwww

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814200445j:image

もう夕暮れやんwwwwwww

 

 

 

カーチャンに聞いたところ、旅行社に依頼してバスと運転手さん借りて、ツアー自体は先生たちと旅行社とで打ち合わせして決めてるらしいとのこと。

 

 

これ正直ツアープラン組んだ旅行社の人、あんまり慣れてないよなぁとか個人的に思ってたのはナイショwwwwwww

 

 

 

まぁ予定早めたのもあるから仕方ない。

 

 

 

 

 

って考えてみると阪急交通社さんのツアーはよく考えてあるなぁと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

いろんな人達のいろんな巡礼の仕方があります。

 

 

どれが良くてどれが悪いなんてのは全然なくて、

 

お遍路さんの数だけそれは存在していて。

 

 

全てを受け入れて

全てを楽しめる気持ちがいちばん大切なんやないかなと

今回それに気付いたのがいちばんの自分にとっての収穫やったと思います。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814201715j:imageさてホテルに着いて

時間があまり無いので急いで温泉に入ってすぐに晩御飯。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814201811j:image
f:id:KOBANNAD:20180814201827j:imageカーチャンもややお疲れ様な感じでw

 

高知の室戸岬のホテルで出てきたかつおのたたきが冷凍モンでクッソ不味かったのでカーチャンがややキレかけてたのもまぁご愛敬wwwwwww

 

 

まあでもそれは流石に無いわなぁ。

 

 

出てきた食べ物で一番旨かったのが土佐酢で漬けた小アジの南蛮漬けってのもどうかとwwwwwww

 

 

 

夜中に腹が減っても近くにコンビニすらなくて、ホテルの中にも何もなくて(´;ω;`)

 

 

「これも修行や」

とか自分に言い聞かせて(爆笑)

 

 

 

朝、起きたら台風到着wwwwwww

 

泊まってるホテルの屋上にNHKのクルーが来て絶賛生中継wwwwwwwwwwwwww

 

 

ある意味貴重な体験wwwwwww

 

 

 

朝風呂入って、朝ごはん。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814202651j:imageまぁ普通の和食ですよね…………


f:id:KOBANNAD:20180814202725j:imageぎ、牛乳wwwwwww

 

和食に牛乳wwwwwww

 

 

 

が、この牛乳。

マジうめぇwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

あんまり好んで牛乳飲まないウチのカーチャンが普通に飲んでました(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

 


ホテルの向かいには大きな大きなお大師さまの像が。


f:id:KOBANNAD:20180814202911j:image「お前贅沢言い過ぎじゃ」

 

 

 

 

 

すいません。反省します。

 

 

 

で、台風の中一行はまず昨日の続きから

 

 

本四国第28番札所 大日寺さま。

 


f:id:KOBANNAD:20180814203153j:image
f:id:KOBANNAD:20180814203219j:image

すげぇ雨。

 

 

台風が東から西へといつもと逆にやって来てたので

33番まで行く予定やったので先に33番から戻って来るように行っても良かったのになぁとか思ってますが、流石に言えないw

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814203631j:image

そういえばこちらの門前の売店で菅笠買ったんだよなぁ。

 

土佐の手透き和紙の納経軸をやたら薦められたよなぁ。

 

 

 

『墨ギュンギュン吸うで、お兄ちゃん!』

 

 

あのオバチャンに会いたかったけど、

雨なので一行は先を急ぎます。

 

 

今度来た時また寄ろう。

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814203825j:image続きまして本四国第29番札所 土佐国分寺さま。


f:id:KOBANNAD:20180814203911j:image

この日いちばんの雨のピーク!

 

でぇりゃぁ雨だがや!

 

 

 

 

 

 

今回のアタシの目的の1つがこちらの門前のお店で、キレイな納め札を売ってはるんですね。


f:id:KOBANNAD:20180814204101j:image

これを頂く予定やったんですが、

 


f:id:KOBANNAD:20180814204130j:imageぐ、ぐぬぬぬぬ。

 

残念です。

またこちらも次回にチャレンジ。

 

 

 

 

 

さて、昼御飯。

 

 

 

何の偶然ですか、昨年来ました

【道の駅 南国】!


f:id:KOBANNAD:20180814204933j:image

 

 

そう!かつおのたたき御膳が有名ですが昨年売り切れで食べられなかったあの道の駅。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814204358j:image

今年は食えた!

 

しかもどっかのホテルと違って生のカツオをちゃんとたたいて作ってある!

 

うまぁーーい(ノ´∀`*)

 

 

 

ウチのカーチャンは土佐ジローの卵でとじた四万十豚のカツ丼食ってました。


f:id:KOBANNAD:20180814204902j:image

去年アタシが食ったヤツです、やっぱり親子ですね。カツ丼やけどwwwwwww

 

 

 

 

ちなみに隣のオバチャンが「シャモ丼(軍鶏の親子丼)」を何回言っても

『シシャモ丼』

って言い間違えてたのか思い出に残っておりますwwwww

 

 

 

 

お土産も買ってお腹もふくれた一行は

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814205044j:image本四国第30番札所 善楽寺さま。

 

 

 

こちらの納経所には可愛い塗香入れが売ってました。

 

カーチャン塗香入れ欲しがってるんやけど見る時間無かったのが残念です。

 

 

 

 

 

もうほぼ雨は上がって、

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814205345j:image
f:id:KOBANNAD:20180814205422j:image
f:id:KOBANNAD:20180814205437j:image


本四国第31番札所 竹林寺

 

隣にある植物園は台風の為に臨時休業。

 

昨年ゲンさんにゴチになったアイスクリン売ってる売店も臨時休業。

 

 

 

残念です。

 

 

 

 

 

そして順番を入れ替えて

 


f:id:KOBANNAD:20180814205642j:image
f:id:KOBANNAD:20180814205657j:image
f:id:KOBANNAD:20180814205722j:image
f:id:KOBANNAD:20180814205736j:image本四国第33番札所 雪蹊寺さま。



 

 

去年はここの境内で物売りの屋台あったんですけど。

さすがに台風じゃあ無理か。

 

 

 

 

 

 

 

そして今回の打ち納めになります。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814210010j:image
f:id:KOBANNAD:20180814210025j:image
f:id:KOBANNAD:20180814210041j:image
f:id:KOBANNAD:20180814210054j:image本四国第32番札所 禅師峯寺さま。



 

 

 

 

 

 

全てのお勤めを終えた瞬間に

台風一過の一陣の風が吹きました。

 

 

 

 

 

 

お大師さまありがとうございます。

各寺院のご本尊さまありがとうございます。

そして四国の全てに今回もありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

帰り道


f:id:KOBANNAD:20180814210339j:image先日の西日本豪雨の時に高知道の一部が土砂崩れで崩壊した部分です。

片側通行になっています。

 

本日現在まだまだ通行止めの道もあると聞いています。

 

 

早く復旧して欲しいものです。

 

 

 

 

 

吉野川あたりで


f:id:KOBANNAD:20180814210541j:image虹がかかっていました。


f:id:KOBANNAD:20180814210605j:imageよく見ると薄いのと濃いのと2本の虹が。

 

 

ありがたい。

 

 

 

 

さて最後は久しぶりの
f:id:KOBANNAD:20180814210710j:image

美馬半田貞光でお別れしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

次回はゲンさん登場しますよーん!

2018年7月巡礼記その3 滋賀と岐阜と名古屋とふぢえ(笑)

さて、続きましては7/22のお話でございます。

 

ちょっと正直例の大雨で立てていた予定が大幅に狂ってしまいまして。

 

この日は巡礼とは別の予定を入れていたのですが、全てをキャンセルしまして。

 

 

 

ほぼ始発の快速に乗り込み


f:id:KOBANNAD:20180814115846j:imageかつて我らが太閤はんの居城のあった近江長浜の地へ。

 

そう、言わずもがな西国霊場難所の1つ第30番札所竹生島宝厳寺さまへ。

 

フェリー乗らないと行けない。

フェリー高い。

ホンマ難所やわ。

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814120109j:image
f:id:KOBANNAD:20180814120404j:imageあまりに暑いのでよくわからず自撮りとかしだすオッサンw


琵琶湖36度超えてましたw

 

 

 

f:id:KOBANNAD:20180814115246j:image近江牛まん


f:id:KOBANNAD:20180814120525j:image八角朱印


f:id:KOBANNAD:20180814120906j:image前回貰い損ねた竹生島神社の御朱印


 

 

 

そして再びフェリー(臨時便に無理やり乗って)→長浜→米原→大垣と。

 

f:id:KOBANNAD:20180814115236j:image大垣からは樽見鉄道に乗り換えます!


f:id:KOBANNAD:20180814121249j:imageお得なキップを買いまして。


f:id:KOBANNAD:20180814121327j:imageつり革が鮎!


f:id:KOBANNAD:20180814121420j:image谷汲口駅で下車してバスに乗り換えます。

 

外気温なんと39,6度!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アホやん!

もうインフルエンザやん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして
f:id:KOBANNAD:20180814121604j:imageいのりちゃんに出迎えられて

バス停から片道約1キロのもはや寂れた参道を登って

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814121711j:image西国霊場第33番札所 谷汲山華厳寺さま。


f:id:KOBANNAD:20180814121842j:image今日はここで満願するんやでぇ
f:id:KOBANNAD:20180814121859j:image手水場の観音さまが涼しげで一息つけました。




f:id:KOBANNAD:20180814122025j:image更に登る


f:id:KOBANNAD:20180814122048j:image

本堂前にて大先達さんがお一人でおられたのでご挨拶。

 

 

『あっついですねぇ、ようお参りです。』

 

大先達さん「本当ですねぇ、あれ?」

 

『??』

 

大先達さん「お兄ちゃん去年ワシとここで会ってるよね、あの時はお連れさんおったと思うんやけど」

 

『……(思い出した)あぁ!ホンマですねぇ、お父さんのその笑顔覚えてますわ!』

 

大先達さん「何を言うて、照れるがな。まぁ暑いからしっかり水気取らんとあかんで、ホナ!」

 

『はい!ありがとうございます。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう触れ合いが良いです。

 

うっとおしい人間関係とかもうこの歳になったらもう辟易しとるんです。

 

特に客商売やっとったらアホみたいなヤツにでも金の為に頭下げて自分磨り減らして今までやって来とるから。

 

 

少しのご縁でエエんですわ。

 

 

【ありがたみを心から感じられるご縁】であれば。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814123051j:image八角朱印

これで33枚全て揃いました!

 

更に

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814123210j:image

 

西国の満願証は実はここ谷汲でしか貰えません。

 

 

ですから、ウチのカーチャンもゲンさんも姉上も皆様ご立派なお先達さまですが、

初めての満願がみんな揃って中山寺さんなのでまだ貰ってないみたいです。

 

まあ満願印見せるか、普通に先達なら言えば満願証はすぐに発行してくれますけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに先ほども言いましたがバス停から本堂までゆるやかな坂道と石段を含めて片道約1,5キロくらいあります。

 

バスは約30分停車して次のバスが来るのは約2時間近く間が開きます。

 

 

のんびりと参道の食堂で鮎やら鰻やらを食べる事も考えましたが、

 

 

39度を超える気温の中、かつて12番岩間寺で習得した奥義【先達ダッシュ】を使い。

 

さっきの大先達さんとの挨拶&お勤め&納経と満願証を貰って、

再び奥義【先達ダッシュ】を使ってバス停に戻ってきた時運転手さんに

 

 

「にっ、兄ちゃんこの暑い中走ってお参りしてきたんかい!よ、ようやるわw」

 

 

と、正直ムチャかまして笑われたのも良い思い出になりそうなwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、巡礼のお話はここまでです。

 

 

ここからは名古屋で飲み食いしただけのお話になりますので、

 

 

 

 

巡礼のお話を楽しみにされておられる方はここで読み終えてお待ち下さい。

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

 

まぁぶっちゃけ途中でおにぎり2個くらいつまんだりしましたが、

 

仕事終わってほとんど寝ずに、

 

 

しかもほとんど食べずに、

 

 

39度の灼熱の岐阜県ダッシュかませば、

 

 

 

いくらアタシでも軽い熱中症にはなりますよねwwwwwww

 

 

 

 

樽見鉄道に再び乗り込み大垣駅まではもう爆睡。

 

 

 

乗り換えても爆睡。

 

 

更に名古屋で先達DJこときゃんで姉上と待ち合わせしてるのが大須なのに、

金山まで行けば乗り換えとか楽やのに名古屋で寝ぼけて降りてw

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814125113j:imageきしめんを食うwwwwwwwwwwwwww

 

 

なんやかんやと言いますが、やっぱり名古屋駅きしめんは普通にウマイので好きです。

 

 

 

 

 

で、名古屋の婆…………じゃねぇ姉上と合流して。

 

予定より3時間くらい早く着いたのでお約束の如くまずはパチンコw

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814125435j:image

 

 

 

 

そして何故か大須商店街のど真ん中で遭遇する、ゲンさん…………じゃなくて


f:id:KOBANNAD:20180814125539j:imageい、イノブタ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして前から行きたかった大須の有名な焼き鳥屋さん【かどや】さんへ

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814125346j:image

f:id:KOBANNAD:20180814125645j:image
f:id:KOBANNAD:20180814125702j:image
f:id:KOBANNAD:20180814125720j:image
f:id:KOBANNAD:20180814125741j:image安定のドヤ顔




焼き鳥マジうんまい!

ただね、この店エアコン無いから夏は行くもんやないw

正直ビールぬるかったしwwwwwww

 

 

秋とかまた行こうっとwwwwwww

 

 

 

で、【お馬のおやこ】という姉上が行く居酒屋さんへ。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814125625j:image
f:id:KOBANNAD:20180814130025j:imageこう写真だけ見ると仲悪そうね、この二人。

 

 

 

ぶっちゃけ

身体に熱こもって抜けてない状態+睡眠不足+空きっ腹

だったのでもう酒全く飲みたくない状態で。

 

 

緑茶飲んでトマトばっか食ってました。

 

 

ただこちらのお店。

次回ガチで色々と食べてみたいと思ってます。

 

料理人のカンってヤツですが、間違いなく良い店ですよ。

 

マスター初対面でいきなり下ネタかましてきましたけどwwwwwwwwwwwwww

 

 

 

で、最終の新幹線で帰るつもりやったんですが、姉上が泊まってけー!と言うのでお世話になる形でwwwwwww

 

 

 

 

 

姉上のおうちに行く前に

 

 

 

 

 

深夜の

 

 

 

 

YA・KI・NI・KU❤️

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814130702j:imageにくー
f:id:KOBANNAD:20180814130716j:imageにくー
f:id:KOBANNAD:20180814130740j:imageおにくー
f:id:KOBANNAD:20180814130801j:imageにくー、とBBA
f:id:KOBANNAD:20180814130831j:imageにくー!



 

 

姉上の知り合いのお店が、

姉上のおうちの近くに二件目出したらしいです。

 

和牛は確かにまぁ普通にウマイんですが、

 

アメリカ産やオーストも使ってます。

 

ただ処理の仕方が上手にしてあるので塩で食べてもあまりくさみを感じないのでアタシ的には良い店だと思いますよ、何より安くてコスパも素晴らしい。

 

【よざくら】ってお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姉上宅の
f:id:KOBANNAD:20180814131218j:image銀ちゃんも久しぶり元気だった。

 

 

 

翌朝はやはり近鉄で。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814131301j:image

 

 

名古屋のウマイ店まだまだ発掘したいなぁ。

2018年7月巡礼記 その2

ご無沙汰してますKOBANNADです。

 

 

 

 

猛暑、大雨とこの7月は酷かったですね。

 

 

 

 

 

被害にあわれた方のご冥福今更ながら心よりお祈り致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

……ってまあもうお盆ですね。

 

 

 

実はこの間に前の会社を辞めて、転職を致しまして。

 

 

その準備やら引き継ぎやらでバタバタとしておりましてね。

 

 

その間もまぁしっかりと巡礼はあちこち行ってたりするのですが、

 

 

 

その模様をボチボチと書いて行こうと思っております。

 

 

 

 

 

 

ではさかのぼること西日本豪雨の時です。

 

本当でしたらあの時カーチャンとカーチャンの先生とゲンさんと、

四国の善通寺からスタートして法然上人霊場法然寺とか色々行く予定やったんですが、

 

まぁ流石に行ける状態ではなかったので残念ながら中止しまして。

 

 

 

7/10に一人で仕事前に西国18番六角堂頂法寺さまに、

カードキャプターさくらで有名なCLAMPと西国霊場会がタイアップして作った納経帳が出たとかで買いに行ったら売り切れてた。

 

とかみたいになかなかこう上手くいかない流れが続いてありまして。

 

 

 

 

 

7/16海の日に

カーチャンと二人でよくわかりませんが比叡山に登ってきたり(海全く関係ないよね)しました。


f:id:KOBANNAD:20180814111528j:image

いわゆる【根本中堂】のある東塔地域ではなく、

今回は新西国が目的ですので横川中堂の方へ向かいました。


f:id:KOBANNAD:20180814111728j:image
f:id:KOBANNAD:20180814111741j:image
f:id:KOBANNAD:20180814111808j:image
お堂の中でお勤めをしまして。

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814111902j:image納経印

 

 

 

横川
西塔から北へ4キロほどのところにある。嘉祥3年(850年)、円仁(慈覚大師)が建立した首楞厳院(しゅりょうごんいん)が発祥である。

横川中堂(よかわちゅうどう) - 新西国三十三箇所音霊場第18番札所。旧堂は1942年、落雷で焼失し、現在の堂は1971年に鉄筋コンクリート造で再建されたものである。本尊は聖観音立像(重文)。
根本如法塔 - 多宝塔で、現在の建物は大正期の再建。円仁が法華経を写経し納めた塔が始まりである。
四季講堂(元三大師堂)(重文) - 四季に法華経論議を行うことから四季講堂と呼ばれる。おみくじ発祥の地である。
恵心院
安楽律院 - 天台宗安楽律法流の道場。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814112528j:image
f:id:KOBANNAD:20180814112545j:image

ゲンさん………やなくて元三大師堂にもお参りをしまして。

 

 

 



f:id:KOBANNAD:20180814112717j:image
f:id:KOBANNAD:20180814112732j:image


ロープうぇーいwに

ひぇーいw言いながら←お約束

 

八瀬比叡山口まで下りてきて、

叡山電鉄乗って貴船神社へ。

 

 

 

祇園祭の時やったんで人多い、暑い、ウザい!

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814112953j:image
f:id:KOBANNAD:20180814113009j:imageカーチャンも流石に暑さにやられとりましたw

 


f:id:KOBANNAD:20180814113046j:image

 

貴船神社(きふねじんじゃ)は、京都府京都市左京区にある神社。式内社名神大社)、二十二社(下八社)の一社。旧社格官幣中社で、現在は神社本庁別表神社

全国に約450社ある貴船神社の総本社である。地域名の貴船「きぶね」とは違い、水神であることから濁らず「きふね」という

水神である高龗神を祀り、古代の祈雨八十五座の一座とされるなど、古くから祈雨の神として信仰された。水の神様として、全国の料理・調理業や水を取扱う商売の人々から信仰を集めている。

古来より、晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納されたが、実際の馬に代わって木の板に描いた馬が奉納されたこともあり、このことから絵馬が発祥したとも言われる。

また、縁結びの神としての信仰もあり、小説や漫画の陰陽師による人気もあり、若いカップルで賑わっている。その一方で縁切りの神、呪咀神としても信仰されており、丑の刻参りでも有名である。ただし「丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻」に貴船明神が貴船山に降臨したとの由緒から、丑の刻に参拝して願いを掛けることは心願成就の方法であり、呪咀が本来の意味では無い。平安時代には、丑の刻であるかは不明だが貴船神社に夜に参拝することが行われていた。時代の変遷と共に、本来の意味が変質したものと思われる。

付近は京都でも有名な紅葉の名所のひとつである。

神水は京都の水脈の源流である貴船から流れるものであり、飲料可。

創建の年代は不詳であるが、社伝では反正天皇の時代の創建としている。社伝によれば、神武天皇の母である玉依姫命が、黄色い船に乗って淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸し、水神を祭ったのに始まると伝えている。社名の由来は「黄船」によるものとし、奥宮境内にある「御船型石」が、玉依姫命が乗ってきた船が小石に覆われたものと伝える。「気の産まれる根源」が転じて「気生根」になったともいう。

白鳳6年(666年)に、最も古い社殿造替えの記録がある。日本後紀に、延暦15年(796年)、東寺の造営の任に当たっていた藤原伊勢人の夢に貴船神社の神が現れ、鞍馬寺を建立するよう託宣したと記されている。

延喜式神名帳』には「山城国愛宕郡 貴布禰神社」として記載され、名神大社に列している。後に二十二社の一社とされ、保延6年(1140年)に最高位の正一位の神階を授けられている。

永承元年(1046年)7月、出水により社殿が流失し、天喜3年(1055年)、現在の本宮の地に社殿を再建・遷座して、元の鎮座地は奥宮とした。当社は長らく賀茂別雷神社上賀茂神社)の摂社とされてきたが、これは天喜3年の社殿再建が契起となっているとする説がある。近世以降、それを不服として訴えが続けられ、明治以降になってようやく独立の神社となった。江戸時代までは賀茂別雷神社の祭神である賀茂別雷命も祭神としていた(Wikipediaより)

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180814113424j:image御朱印
f:id:KOBANNAD:20180814113432j:image奥宮御朱印

 

 

 

 

 

 

そしてこの日いちばんの目的が
f:id:KOBANNAD:20180814113112j:image
f:id:KOBANNAD:20180814113130j:image

一澤帆布貴船神社限定の御朱印帳入れデース!

 

 

まぁ実は以前まだ私が遍路どころか御朱印すら始めてなかった頃、

名古屋の先達DJことウチのきゃんで姉上とこの「比叡山貴船神社」ってのは来た事がありまして。

 

その時からこの御朱印帳入れは欲しくてですね。

 

やっと念願叶った、という訳なのデース!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、約1ヶ月半の巡礼記が溜まっております。

 

今日はひとまずこれで。

 

 

 

2018年 7月 熊野三山&西国青岸渡寺参拝 東寺四国別格霊場出開帳。

 

 

やっと追いついた(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

 

 

 

ではこないだの日曜日のお話にまいります。

 

 

 

 

明け方から出かけまして。

ゲンさんの運転で、カーチャンも一緒に。

 

 

和歌山は那智勝浦を目指してスタートしました。

 

 

 

 

その前に。

 

 

実はウチのカーチャンもゲンさんも西国の先達になれまして。

 

やっと先達専用頭陀袋、輪袈裟等届いておりまして。

 

 

今回も一番からスタート、というお話でございます。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705223651j:imageってことでますば西国霊場第1番札所 言わずもがな青岸渡寺


f:id:KOBANNAD:20180705223922j:image車で行くと階段ショートカット出来るのね。

 


f:id:KOBANNAD:20180705223955j:image本堂は工事中(´;ω;`)

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705224039j:imageちなみにアタシのシャツ。

千手観音さまです。

しかも受注してから手染めで作って下さるという。

 

後、不動明王さまと大日如来さまのと注文してこの2日前にやっと到着したところ。

 

 

 



f:id:KOBANNAD:20180705224408j:image八角朱印

 

 

 

で、すぐ隣の那智大社さまへ。

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705224453j:image

こちらも本殿工事中(´;ω;`)

 

 

 

 

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある神社。熊野三山の一つ。熊野夫須美大神を主祭神とする。かつては那智神社、熊野夫須美神社、熊野那智神社などと名乗っていた。また、熊野十二所権現十三所権現那智山権現ともいう

参道の長い石段の上は、右に青岸渡寺があり、左は朱の大鳥居と大社の境内が続いている。拝殿の奥には鈴門・瑞垣を挟んで本殿があり、向かって右から滝宮(第一殿)、証誠殿(第二殿)、中御前(第三殿)、西御前(第四殿)、若宮(第五殿)が並んでいる。正殿の第四殿が最も大きく、若宮の左手前には第六殿(八社殿)がある。

なお、現在は山の上に社殿があるものの、後述のように元来は那智滝に社殿があり滝の神を祀ったものだと考えられる。那智の滝は「一の滝」で、その上流の滝と合わせて那智四十八滝があり、熊野修験の修行地となっている。熊野三山の他の2社(熊野本宮大社、熊野速玉大社)では、明治の神仏分離令により仏堂が廃されたが、那智では観音堂が残され、やがて青岸渡寺として復興した。青岸渡寺は西国一番札所である。那智山から下った那智浜には補陀落渡海の拠点となった補陀洛山寺や熊野三所権現(渚王子)がある。

熊野権現金剛蔵王宝殿造功日記』によれば孝昭天皇の頃にインドから渡来した裸形上人が十二所権現を祀ったとされ、また『熊野略記』では仁徳天皇の頃に鎮座したとも伝えられるが、創成の詳細は不明。熊野那智大社熊野三山の中でも熊野坐神社(本宮)・熊野速玉大社(新宮)の二社とは異なり、山中の那智滝を神聖視する原始信仰に始まるため、社殿が創建されたのは他の二社よりも後である。

一説には、那智山の奥にある妙法山に登るための禊祓の地だった那智滝が聖地化し、夫須美神が勧請されて当社が滝本で創建されたともいう。

祭神は熊野夫須美大神であるが事解男命(事解之男神)とする説がある。その熊野夫須美大神は伊邪那美神とされるが、熊野久須毘命とする説もある。

806年(大同元年)の『新抄格勅符抄』には766年(天平神護2年熊野速玉男神(新宮の主神)とともに熊野牟須美神の記述があり、それぞれ神封戸が4戸あてられている。 しかし、その後は貞観元年(859年)1月27日、同年5月28日、貞観5年(863年)3月2日の速玉神と坐神(本宮の主神)が従五位上に昇階した事に関する『日本三代実録』の記事に牟須美神(ないし夫須美神)の記述がない。延長5年(927年)延喜式神名帳牟婁郡6座中にも熊野速玉神社、熊野坐神社の二社のみが書かれている。

一方、永観2年(984年)の『三宝絵詞』では熊野両所として速玉神とともに当社主神の夫須美神を取り上げている。本宮・新宮と併せて熊野三山とする記述は永保3年(1083年)9月4日の『熊野本宮別当三綱大衆等解』が最も早く、これまでには三山共通の三所権現を祀る神社として成立していたと考えられる。また『中右記』の天仁2年(1109年)10月27日条の藤原宗忠らの参拝記録から、この頃までに現在の社地に遷祀されていたとされる。
那智一山の組織
那智一山の組織は平安時代末期に形成したと考えられるが当時の史料は残されていない。近世後期に編纂された『紀伊風土記』などによれば、那智山には禰宜や神主などの神職は存在せず、那智山は、その全員が社僧という修験者達の霊場であった。中世に入り、熊野三山を管理する京都の熊野三山検校の下で那智一山の管理組織(那智執行・滝本執行・宿老・在庁にもとづく合議制度)が整備された。近世に入り社僧が東座と西座に分けられたが、両座にはそれぞれ東の長官、西の長官が置かれ、執行と呼ばれつつ一山を管理した。また両座の下には10人で構成する宿老をはじめ、12人の講誦、75人の衆徒、66人の滝衆、85人の行人、12人の如法道場役人と7人の穀屋(本願)などがいて組織を構成した。

紀伊風土記』によると、近世のある時期に東座執行を受け持ったのは潮崎尊勝院で、山内でも最重要とされる飛滝権現を祀り、滝衆や行人を統轄し、近世のある時期に、西座の執行を西仙滝院が担当した後、米良実方院に替わったという。 尊勝院・実方院および御師と呼ばれる坊・院は、中世・近世を通じ、全国各地の旦那(檀那)場からの参詣者を泊める宿坊を営んでいた。
三山成立以降
『長秋記』長承3年(1134年)2月1日条によると、平安時代後期には三山とも天照大神を含む御子神の五所王子と眷属神の四所明神を加え、現在のような十二所権現を祀る形が整った。しかし那智は別格の滝宮を加えて十三所権現となっており、康暦元年(1379年)11月13日の『尼性周田地寄進状写』などに記録が残っている。建仁元年(1201年)10月19日には後鳥羽上皇那智山に参詣し、その後の建暦2年(1212年)に上皇から寄進され熊野新宮領・190石のうち12石が那智社に与えられた。

承久の乱では後鳥羽上皇らが敗れて熊野は有力な支持者を失ったが、代わって修験道の発達に伴い、三山の御師と先達による組織づくりが盛んとなった。それまでにも仁平元年(1151年)2月15日の『源義国寄進状写』に那智御師・高坊の名が記載されている。この他にも御師として熊野別当家の一族や、那智最古の家柄という尊勝院などがあり、それぞれ旦那(檀家)が全国に存在した。貞応2年(1223年)11月19日には一山が焼失したが、御師らによって再建された。

南北朝時代には、熊野の勢力を勧誘するために両朝から御師宛に護摩供料などの名目で寄進が行なわれ、貞和2年(1346年)8月18日には熊野三山検校・道昭准后が、那智山兵部卿律師御房に駿河国北安東荘内を安堵した例などがある。

続く室町時代には各地の神領荘園からの収入が減少し、那智山権現でも年貢米が駿河国の長田・安東両荘および美作国勝田荘からのみになった。このため、有力御師・先達の活動が重要さを増し、社頭の修理なども熊野山伏や比丘尼、十穀聖などの勧進に頼るようになった。文明10年(1478年)に畿内への課役による棟別銭で那智山の造営を行なったが、弘治年間の十二所権現造営の際は、賦算札に貴庶を勧進結縁させている。15世紀後半以降には、山内の堂塔や社殿の修理のために勧進を行う本願所として、妙法山阿弥陀寺や浜ノ宮の補陀洛山寺をはじめ御前庵主、大禅院、滝庵主、那智阿弥、理性院といった本願所により造営・修造が担われるようになり、那智七本願または那智七穀屋などと称された。なお、穀屋はこの七本願を指すという見方もある。

天正9年(1581年)には大名・堀内氏善が那智山への支配を強化した事に反発した社家で御師の廊ノ坊が武力決起し、逆に氏善が廊ノ坊を攻撃した。一方で那智山内の実報(実方)院は堀内氏に付いて那智一山は二分され、廊ノ坊側が敗れると同年6月3日に一族東学坊などの跡職は実報院に与えられたという。
近世以降
慶長6年(1601年)1月4日の『熊野那智山神領注文写』によると神領は633石余となっている。同年には紀州藩浅野幸長によって那智山は市野々村と二河村(現・那智勝浦町)に300石を与えられた。寛政10年(1798年)大晦日に参拝した高遠藩の砲術家・坂本天山は、建造物が壮麗で香炉には火が絶えず、社人・社僧の数が多い事を『紀南遊嚢』に記している。

近世末期の那智大社には数多くの社僧坊舎があり、1873年明治6年)に県社に指定されるとともに那智神社と称し、さらに熊野夫須美神社と改称した。1921年(大正10年)に官幣中社に昇格して熊野那智神社と改称、最終的に1963年(昭和38年)に熊野那智大社と改称して今日に至る。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 



f:id:KOBANNAD:20180705225050j:image
f:id:KOBANNAD:20180705225100j:image御朱印


 

 

 

 あと、今回は熊野三山巡りをするので

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705225210j:image

熊野牛王符(くまのごおうふ、熊野牛玉符)は熊野三山で配布される特殊な神札。
概要
「熊野牛王神符」、「烏牛王」、「おからすさん」などと呼ばれる。一般的な神札と違って一枚ものの和紙の上に墨と木版で手刷りされ、朱印を押したもので、意匠には多くの烏が用いられる(烏文字)。種類は、大きく分けて「那智瀧宝印」「熊野山宝印(本宮)」「熊野山宝印(新宮)」の3種類だが、熊野三山の各大社ごとに意匠は異なる。烏文字は烏の配列で文字を表すもので、本宮と新宮では「熊野山宝印」、那智では「那智瀧宝印」と記されるが極めて読みにくい。3種類以外の「神蔵牛玉宝印」も熊野牛王符で、しかもかなり出回っていた。更に中世から近世にかけて全国各地の熊野神社から発行されていたため、単純な分類は不可能と言ってよい。(Wikipediaより)

 

 

 

牛王符も頂いてきました。

 

 

 

 

 

そこから勝浦港の方に向かい。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705225723j:image補陀洛山寺へ

 


f:id:KOBANNAD:20180705225742j:image

 

 

補陀洛山寺(ふだらくさんじ)は和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある、天台宗の寺院。補陀落とはサンスクリット語の観音浄土を意味する「ポータラカ」の音訳である。

仁徳天皇の治世にインドから熊野の海岸に漂着した裸形上人によって開山されたと伝える古刹で、平安時代から江戸時代にかけて人々が観音浄土である補陀洛山へと小船で那智の浜から旅立った宗教儀礼「補陀洛渡海」で知られる寺である。

江戸時代まで那智七本願の一角として大伽藍を有していたが、文化5年(1808年)の台風により主要な堂塔は全て滅失した。その後長らく仮本堂であったが、1990年に現在ある室町様式の高床式四方流宝形型の本堂が再建された。

隣接する浜の宮王子社跡には熊野三所大神社(くまのさんしょおおみわしゃ)が建つ。
補陀洛渡海
補陀洛は『華厳経』ではインドの南端に位置するとされる。またチベットダライ・ラマの宮殿がポタラ宮と呼ばれたのもこれに因む。中世日本では、遥か南洋上に「補陀洛」が存在すると信じられ、これを目指して船出することを「補陀洛渡海」と称した。記録に明らかなだけでも日本の各地(那珂湊足摺岬室戸岬など)から40件を超える補陀洛渡海が行われており、そのうち25件がこの補陀洛山寺から出発している。(Wikipediaより)

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705225914j:image納経印

 

 

そしてなんとご住職のご好意で秘仏であるご本尊さまをご開帳頂きました。

 


f:id:KOBANNAD:20180705230032j:image←他所から拾ってきた画像。

 

まぁ流石に撮影はねぇwwwwwww

 

 

しかし素晴らしい千手観音さまでしたよ。

 

 

 

 

勝浦港で朝ごはんを食べて。

 

 

 

 

新宮に向かいます。

 

 

 

 

 


熊野速玉神社さま

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705230356j:image
f:id:KOBANNAD:20180705230405j:image
f:id:KOBANNAD:20180705230415j:image


 

こちらでも牛王符を。

そして、

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705230458j:image
f:id:KOBANNAD:20180705230511j:image御朱印

 

 

 

 

そこから熊野の山道をひた走る。

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705230806j:image熊野本宮大社到着!

 


f:id:KOBANNAD:20180705230839j:image
f:id:KOBANNAD:20180705230854j:image
f:id:KOBANNAD:20180705230908j:image←前日にアルゼンチンが負けてたのでイラっとしてたのはナイショ(*´ω`*)


 

こちらでも忘れず牛王符と。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705231216j:image
f:id:KOBANNAD:20180705231225j:image
f:id:KOBANNAD:20180705231234j:image
f:id:KOBANNAD:20180705231248j:image
実際、納経印と御朱印と牛王符でこの日6000円くらい使ったアタシwwwwwww


f:id:KOBANNAD:20180705231417j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっから山越えて

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705231407j:image


f:id:KOBANNAD:20180705231438j:image

湯の峰温泉ー!

 

 

温泉の前に

東光寺さまにお参りを。


f:id:KOBANNAD:20180705231718j:image

 

 

 

 

東光寺(とうこうじ)は和歌山県田辺市湯の峰温泉にある天台宗の寺院。山号は薬王山。

伝承によれば、湯の峰温泉の源泉の周囲に湯の花が自然に積って薬師如来の形となったものを裸形上人が見出し、本尊(湯峯薬師)として創建したという。古くは本尊の胸から温泉が噴出していたため、湯の胸温泉と呼ばれていたものが転訛して現在の湯の峰温泉の名になったとされている。
歴史
寺伝によれば、天仁元年(1108年)、鳥羽天皇の勅願により与えられた寺領に二重塔(多宝塔)を建立したのが開創であるとし、熊野信仰の隆盛とともに諸堂塔や仏像が造立されたという。また、『西国三十三所名所図会』が伝えるところによれば、後鳥羽院の時代に役行者の開創とも伝えるが、明確な開創年代は未詳である。

院政期の熊野参詣記を見ると、藤原宗忠の『中右記』天仁2年(1109年)11月1日条に湯の峰温泉で「湯屋浴之」との記述があり、万病を除く名湯と賞賛されているが、湯屋以外に関する記述は見られない。大治3年(1128年)に調整され、天文4年(1535年)書写された熊野本宮大社伝の古文書には、平安時代後期に薬師如来を本尊とする堂塔が存在したことを推測させる記述があり、仁和寺蔵の『熊野縁起』(正中3年〈1326年〉)には境内に湯ノ峯王子が祀られたとあるほか、鎌倉時代の熊野曼荼羅図には、湯峯金剛童子が薬師堂に隣接して描かれている。こうしたことから、湯の峰温泉での湯垢離による潔斎が重視されるにつれ、王子の別当寺として機能するようになっていったものと見られている。永徳2年(1382年)5月26日の『総検校頼舜等衆議下知状』(『紀伊風土記』所収)には湯峯観音堂の灯明料に関する記述があり、境内の観音堂への言及が見られる。中世には温泉とともに時宗の念仏聖が管理していたと見られ、時宗勧進唱導の説経節として知られる『小栗判官』には、照手姫がハンセン氏病に苦しむ小栗を湯の峰温泉に運んで病を癒したとあり、それにちなむ車塚がある。また、寺地の北の県道沿いには一遍上人爪書名号と伝えられる磨崖名号碑(正平20年銘)があり、念仏聖の事跡として知られる。

天正18年(1590年)には豊臣秀吉の造修があり、片桐且元を奉行として薬師堂・多宝塔が修繕された。江戸時代には真言宗古義派に属する無本寺として、本宮社家の支配下におかれ(『紀伊風土記』)、元和年間には、新宮水野氏領のうち、5石が寺領とされていた。この時期の境内の様子がいくつかの古文書に伝えられており、『本社及摂末社其外諸建物目録』(寛永10年〈1632年〉)には、3間四方の薬師堂以下、王子、湯屋、瑞籬、多宝塔、6間5間の東光寺、門といった建物が記され、熊野那智大社所蔵の『熊野三山図』および『熊野三山絵図添目録扣』には同様の建物が記され、薬師堂、王寺社、多宝塔、上湯屋について造替対象であると記されている。鎌倉時代末以降に定着した、湯の峰温泉において湯垢離による潔斎の後、本宮大社に参詣するという儀礼は、近世においても続き、諸士や本宮社家の使う湯槽とは別に一般参詣者向けの湯槽が設けられ、にぎわいを見せた様子が『紀伊国名所図会』熊野篇に描かれている。

明治以降、廃仏毀釈こそ免れたものの、寺領を失い、当時の住職が還俗して本宮の神官となったことで無住無檀となり、明治5年(1872年)に廃寺となったが、1879年(明治12年)、村民の願出により那智山青岸渡寺末の天台宗寺院として再興された。1903年明治36年)5月に、湯の峰温泉一帯が火災に見舞われた際に寺堂も焼失したものの、本尊は焼失をまぬがれ、その他の仏像・宝物等も避難に成功したため、信徒有志の寄附により1931年(昭和6年)に薬師堂が本堂として再建された。(Wikipediaより)

 

 

 

こちらでも本堂奥まで入らせて頂いてお参りさせて頂きました。

ありがたい話ばかりです。

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705231919j:image納経印

 

 

 

 

体力に限界近かったゲンさんが無理やり高速で帰ろうとして少し渋滞してイライラしてたのはまあいつものご愛敬ということでw

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今朝7/5の話。

 

 

 

京橋に6:30にカーチャンとゲンさんと待ち合わせまして。

 

 

雨の中京都の東寺さまへ。

 

 

 

四国別格霊場50周年を記念してお砂踏み出開帳が行われるので行って参りました。

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705232507j:image一時間前に着いたのにもう並んでるwwwwwww

 

 

 

実はこの出開帳でしか貰えない

別格霊場納経帳

      か

別格数珠玉の親玉

が無料配布されるのですよ、先着2000名さまに。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705232838j:image雨の中お坊さん達も大変ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後開門。

 

東寺さまの食堂(じきどう)でお砂踏みを終え、お坊さまにお加持を頂きまして。

 

 

 

 



f:id:KOBANNAD:20180705233018j:image親玉ゲットだぜー!

 


f:id:KOBANNAD:20180705233036j:image別格霊場50周年のピンバッチ

 

 

 

 

 

 

そして

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705233114j:image東寺さまの輪袈裟もゲットだぜー!

 

四国はこれで行こうと思います。

 

 

 

 

この週末は四国に伺います!

2018年 6月 西国、新西国、法然上人霊場巡礼

 

先ほどのブログから更に1週間後の

6/17のお話になります。

 

 

2週続けて阪急交通社さんのバスツアーで、

今回は西国に。

 

28番成相寺さま

29番松尾寺さまの2ヶ寺を回るだけのツアーでしたが、12000円くらいしましたw

 

 

 

 

 

で、出発前に添乗員さんに

 

 

「KOBANNADさま、お先達さまですよね。申し訳ありませんが先達の方々は個人納経をお願いしておりまして……」

 

って話は四国の時に聞いて知ってたので

 

『あ、知ってますよ、大丈夫っす。』

 

 

って軽く流したら

 

「あ、ありがとうございます。お話が早くて助かります。後、出来ればひとつお願いが……」

 

 

 

 

 

 

実は過去に阪急交通社さんのツアーで、

この松尾寺へ行った時の話らしいんですが。

 

あるおじいちゃんが探しても探しても帰りのバスに戻って来ないと。

 

警察呼んで翌日の昼頃まで捜査員出して山狩りまでして探しまくって。

 

 

 

結果そのおじいちゃん道に迷った挙げ句1人で勝手に電車乗って帰ってしもてた、と。

 

「……ってな話がありまして、良かったら松尾寺さんでとくにお年寄りがはぐれへんか見て誘導してやってもらえませんでしょうか?」

 

 

 

まぁ、別に断る理由は無いもんね。

 

 

 

 

 

出発前からそんなやりとりをして、

バスはまず天橋立へ。

 

 

 

 

参拝前にいきなり昼飯wwwwwww

 

 

 

 

よう分からんwwwwwww

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705200149j:image四国の弁当とはエライ違いやなw

 

 

ひとまず時間まで天橋立周辺をブラブラと。

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705200241j:image
f:id:KOBANNAD:20180705200253j:image
f:id:KOBANNAD:20180705200305j:image
f:id:KOBANNAD:20180705200327j:image



 

そして


f:id:KOBANNAD:20180705200345j:image
f:id:KOBANNAD:20180705200356j:image
f:id:KOBANNAD:20180705200408j:image


文殊堂さまにお参りを。

 

 

納経帳西国のんしか持ってきてなかったので、


f:id:KOBANNAD:20180705200457j:image
f:id:KOBANNAD:20180705200507j:image書き置き頂いてきましたがな( ̄▽ ̄)=3

 

 

そしてまだ時間あったので

 


f:id:KOBANNAD:20180705200547j:image
岩牡蠣トリ貝を別の店でひとり堪能しました。

 

 

 

……もうここまでただの観光レポートやな(*´ω`*)

 

 

 

で、向かいます。

 

西国霊場第28番札所 

私の満願寺でもございます成相寺さま

 


f:id:KOBANNAD:20180705200838j:image

我々先達だけ先に個人納経に来まして、

他の方々は展望台から観光して合流してお勤めをするというなかなか面倒な話でございますw

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705204208j:image八角朱印

 

 

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705201021j:image成相寺さまの絵馬がwwwwwww

 

これソードアートオンラインのキャラクターデザインの人や(* ̄▽ ̄)ノ

 

 

 

 

つい、買ってしまうオタクなKOBANNAD(*´ω`*)

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ西国霊場第29番札所 松尾寺さまへ

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705201230j:image
f:id:KOBANNAD:20180705201240j:imageはぐれ者がいないように見張る為

列のいちばん後ろに陣取るアタシwwwwwww

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705201322j:image
f:id:KOBANNAD:20180705201356j:image
f:id:KOBANNAD:20180705201422j:image

 

 

まぁ無事に何事もなく帰って来れました。

 

 

 

 
f:id:KOBANNAD:20180705204346j:image八角朱印



 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りに梅田でバスを降りたら後ろから

 

「お~い兄ちゃん!」

 

 

 

振り返ってみると別のバスから先週四国でご一緒やった先達のHさんのお父さんが!





『あっ、お父さんですやん!今日はまた四国ですか?』

 

「いや、ワシは今日はお不動さんや、兄ちゃんは?」

 

『僕、今日西国でした。』

 

「そうか、どや兄ちゃん今からビールでも」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…………………未だに後悔しとるんですが、

 

実はここんとこブログの更新遅れてた理由でもあるのですがね。

 

ずーっとなんだかんだと仕事が忙しくて、ろくに寝てもなく、

体調は崩すしこの時めっちゃピークやったんです。



 

 『お父さん、すいません今日は後輩が迎えに来とるもんで……』

 

「そうか、しゃあないな。」

 

 

 

 

 

 

 

本四国の先達さんと飲んで仲良くなれる機会なんて本当にこれからいくらあるんだろう。

 

何よりお互い別のバスツアーで帰りが一緒になるなんて。

 

 

行っておけば良かった。

 

 

 

正直、仕事変えようと思ってる理由のひとつがこれです。

 

 

 

 

 

過ぎた事は仕方ないとはいえ、あまりに人とのご縁を大切に出来なかった。

遍路としてあるまじき、情けない話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

6/24のお話。

 

 

 

 

 

約1ヶ月ぶりにゲンさんと二人で岡山から兵庫県にかけて

法然上人霊場、新西国、西国と合計7ヶ寺回ってまいりました。

 

 

 

 

 

まずは岡山県美作にあります、

法然上人霊場第1番札所 誕生寺さま

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705204604j:image
f:id:KOBANNAD:20180705205439j:image
f:id:KOBANNAD:20180705205804j:image
f:id:KOBANNAD:20180705205822j:image
f:id:KOBANNAD:20180705205833j:image




素晴らしいお寺でしたよ!

久しぶりに四国以外で感動しました!

 

 

 

誕生寺(たんじょうじ)は岡山県久米郡久米南町にある法然上人生誕地に建立された浄土宗の寺院。山号は栃社山(とちこそさん)。本尊は圓光大師(法然没後しばらくして、朝廷から贈られた大師号)。

東武者・熊谷直実法然の弟子となり出家し法力房蓮生と名乗った。蓮生は建久4年(1193年)法然の徳を慕い法然の父である久米押領使漆間時国の旧宅、すなわち法然生誕の地に寺院を建立した。これが誕生寺の始まりである。かつては誕生律寺と呼ばれており、御影堂の扁額は「誕生律寺」と掲げられている。

本堂である御影堂は二度の損壊の後、元禄8年(1695年)に再建され、国の重要文化財に指定されている。御影堂は屋根の老朽化のため平成10年(1998年)に修築工事が行われた。また、旧・阿弥陀堂は老朽化のために解体され、新たに瑞應殿として平成15年(2003年)に再建された。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

ゲンさん「岡山良いですね、今度ゆっくり来たいっすね!」

 

 

 

 

 

 

 

さて、一路車は兵庫県に戻ってまいりまして。

 

新西国霊場満願寺第33番札所 瑠璃寺さまへ向かって………………

 

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705210524j:imageも、モンキーパークwwwwwww

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705210833j:image

 

 

 

 

手前には「昆虫館」と言う名の巨大ビニールハウス化した虫かごらしき建物とかwwwwwww

 

 

 

いわゆる探偵ナイトスクープでいうとこの

【パラダイス】

ってヤツが近くにありますwwwwwww

 

 

 

 

気を取り直して、


f:id:KOBANNAD:20180705210815j:image


f:id:KOBANNAD:20180705210857j:image
f:id:KOBANNAD:20180705211024j:image

f:id:KOBANNAD:20180705211119j:image


瑠璃寺(るりじ、るりでら)は兵庫県佐用郡佐用町船越にある仏教寺院。山号は船越山。詳しくは船越山南光坊瑠璃寺と称する。高野山真言宗別格本山で、本尊は千手観世音菩薩

寺伝では神亀5年(728年)、聖武天皇勅願寺により行基が開創したと伝える。

南北朝時代に覚祐を開山として赤松則祐により再興された。以来、室町時代を通じ守護大名赤松氏との関係が深かった。

創建以来の修験道の行場となっている。京都の聖護院にも所属し、江戸時代には南光坊と称した。

また、寺が旧南光町に所在しているところから、「南光坊南光亭」と題して、落語家の桂南光を迎えた落語会が毎年開催され、盛況している。2010年で第14回を迎えている。(Wikipediaより)

 

 

 

ガラガラで、誰も居ない駐車場。

我々が車に向かってたら1台のスーパーカブが。

 

「ち、駐車料金はろてんか~」

 

 

 

………いやまぁ、払うけどさwwwwwww

 

 

 

 

 

更にそこから新西国霊場第30番札所 金剛城寺さま

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705211548j:image
f:id:KOBANNAD:20180705211606j:image
f:id:KOBANNAD:20180705211619j:image花の写真とかあんまり撮らないアタシが珍しくアジサイを撮ってみました。



f:id:KOBANNAD:20180705211720j:image山門も立派です。


f:id:KOBANNAD:20180705211759j:image
f:id:KOBANNAD:20180705211817j:image
f:id:KOBANNAD:20180705211832j:image


良い感じのお寺でした。

 

 

 

金剛城寺(こんごうじょうじ)は兵庫県神崎郡福崎町にある高野山真言宗の仏教寺院。山号は七種山(なぐささん)。本尊は十一面観世音菩薩。

寺伝によれば、推古天皇5年(597年)聖徳太子の命を受けた日本における三論宗の開祖である高麗僧恵灌により、七種山の中腹、七種の滝の近くに滋岡寺(しげおかじ)という寺号で創建されたと伝わる。七種山には修行僧の滋岡川人(しげおかせんにん)が住んでおり、干魃の時に七つの種を人々に与え飢餓から救い、この種は尽きることがなかったという。山の名はこの伝説に由来する。恵灌が寺を建立しようと現地を視察した際、川人より十一面観音を刻んで安置するよう命じられたと伝わる。最初の寺号は、この滋岡川人より名付けられたと言われている。

その後寺号を金剛城寺、江戸時代初期の慶長6年(1601年)に台肪明党により作門寺(さくもんじ)と改められた。

幕末の慶応年間から明治初期に現在地に移された。昭和3年(1928年)に現在の寺号に戻した。

弘法大師来山以降は真言宗の寺となった。(Wikipediaより)

 

 

 

 

ちなみにご住職はかなり高齢の方ですので、

納経に関しては少し時間がかかりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

……と、

 

 

 

前振りしておきまして。

 

 

 

 

 

次の新西国霊場第29番札所 酒見寺さまへ向かう途中に出会ったふざけた車の話をしましょう。

 

 

 

 

 

田舎の道です。

軽トラ中心にまぁトロトロ走ってます。

下手くそな運転の方もおられます。 

 

 

まぁあんまりスピード出してゲンさんが

【罰金八万大菩薩】再び!

 

みたいになってもいかんので、ボチボチと行ってたんですが、

 

 

ある車の後ろに付いた時に私が思わず吹き出してしまいましたwwwwwww

 

 

確か車種はハスラーやったと思うんですが、後ろにデカデカと

【私は85歳!】

って書いて貼ってあるんですわwwwwwww

 

 

 

 

『で、どないせぇっちゅうんやあの85歳とやらは(笑)』

 

ゲンさん「一体俺らに何を求めてるんですかね?」

 

『そら急に煽ったりクラクション鳴らして心臓止まったらエライ事になるからなぁ』

 

ゲンさん「せやけどあない堂々と主張されたら」

 

『うむ、笑うしか出来んなwwwwwww』

 

ゲンさん「いや、でも怖いっすよ!」

 

 

 

 

 

 

とか言ってたらちょっと広い道で先を譲って頂いたので良かったんですが。

しかし色んな方がおるもんやなぁと。

 

 

 

 

 

 

閑話休題

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705213209j:image新西国霊場第29番札所 酒見寺さま

 


f:id:KOBANNAD:20180705213250j:image
f:id:KOBANNAD:20180705213303j:image

f:id:KOBANNAD:20180705213439j:image
f:id:KOBANNAD:20180705213502j:imageこちらも雰囲気のある良いお寺でした。

新西国は特に兵庫県にですが良いお寺多いですね。

 

 

酒見寺(さがみじ、さがみでら)は兵庫県加西市にある高野山真言宗の仏教寺院。山号は泉生山(せんしょうざん)、本尊は十一面観世音菩薩。聖武天皇勅願寺と伝え、開基は行基とされる。

寺伝によれば、天平17年(745年)、酒見明神(住吉神社)の神託を受けた行基聖武天皇に奏上し、寺号を酒見寺として開創したという。

平安時代から毎年勅使の参詣が行われていた名刹は、2度全山を焼失している。平治の乱での全山焼失(1159年)の際は二條院の勅により再建、天正年間(1573~92年)にも兵火で全山が焼失した。その後、江戸時代に入り、姫路城主となった池田輝政が姫路城の守護寺に定めて援助を行い、池田家の転封後は本多忠政の援助を受け、寛永年間(1624~43年)に幕府の命を受けた実相院隆恵が再興した。さらに江戸幕府3代将軍徳川家光が朱印寺と定め、代々将軍から朱印状を下附されて隆盛するなど、これまで天皇や幕府、藩により厚く保護されてきた。
境内
北条町の街中にあり、住吉神社と隣接する。間には小さな池があり、石橋でつながっている。南端に楼門があり、そこから北に延びる参道の左右に地蔵堂、多宝塔、新観音堂、常行堂が建つ。参道の突き当たりに本堂が建ち、東側に鐘楼 、裏手には御影堂と、土塀に囲まれて庫裏と護摩堂、位牌堂が建つ。(Wikipediaより)

 

 

 

 

更に東へと戻ってまいります。

 

 

 

 

 新西国霊場第28番札所 光明寺さま

 


f:id:KOBANNAD:20180705214043j:image

駐車場降りたら

最大傾斜角何度あるねん!

っていう坂道を歩かなくてはなりませんwwwwwww

 

 

久しぶりやな、新西国でこんな難所w

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705214215j:imageエッチラオッチラエッチラオッチラ


f:id:KOBANNAD:20180705214244j:image

『アカン、ゲンさんもうしんどい。俺の分までお参りして、御朱印もらって来てくれ。』

 ゲンさん「コラコラオッサンどの口でwwwwwww」

 

『冗談やがな、しかしキツいなこの坂道』

 

ゲンさん「はいはい、文句言わんと登る登る!」

 

『クッソ、後で覚えとれよ』

 

 

 

 



f:id:KOBANNAD:20180705214523j:imageやっと山門や!

f:id:KOBANNAD:20180705214552j:image
f:id:KOBANNAD:20180705214629j:image



f:id:KOBANNAD:20180705214648j:imageへ?

まだ歩くん?


f:id:KOBANNAD:20180705214718j:imageよっしゃ、本堂………ちゃうんかいっ!

 

 

 

 

 

しかしなんだかんだ言って、

更に歩いてたどり着いた本堂は素晴らしいものでした。

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705214749j:image

 

 

光明寺(こうみょうじ)は、兵庫県加東市にある高野山真言宗の仏教寺院。山号は五峯山(ごぶさん)、本尊は十一面千手千眼観世音菩薩。「播磨高野」とも呼ばれる真言宗七十五名刹の一つである。開基(創立者)は法道とされる。観応の擾乱光明寺合戦の舞台として知られる。

新緑と紅葉の名所で「ひょうご森林浴場50選」に選定される連山(宿尾・明星が辻・経の尾・大岩・弥木場)である五峯山の主峰頂上近くに本堂がある。光明寺合戦にまつわる史跡は本堂裏の本陣跡のほか、山内に数多く残る。
歴史
推古天皇2年(594年)に法道による開基と伝わる。法道は、天竺(インド)から紫の雲に乗って飛来したとされる伝説的人物である。法道開基との伝承は文字通りに受け取ることはできないが、法道開基伝承をもつ寺院は兵庫県東部地域に集中しており、こうした伝承の元になり、地域の信仰の中心となった人物が実在した可能性は否定できない。

寺伝では平安時代初期に円仁(慈覚大師)が山内に留まったと言い、仁明天皇の勅願により常行堂が建立されたという。

1351年には山内の光明寺城で足利尊氏高師直の軍と、足利直義・石塔頼房・愛曽伊勢守の軍の合戦(光明寺合戦)があった。(Wikipediaより)

 

 

 

 

途中の納経所まで戻って納経を頂いて


f:id:KOBANNAD:20180705214951j:image

お茶とお菓子のお接待を頂きました、本当に心に沁みますね。

 

 

 

 

 

 

ここから西国の25番 播州清水寺に向かうんですが、

デブ二人は腹が減って仕方ない状態です。

 

 

 

 

途中にフラっと立ち寄ったのが

https://tabelog.com/hyogo/A2804/A280403/28010092/

 

こちらのナポレオンというパン屋さん。

 

 

ベーカリーレストランかと思ったんですが、普通のパン屋さんで、

少し飲食スペースがあります。

 

 

とりあえず色々買って食べてみましたが、なかなか美味い!

 

 

 

 

 

 

 

 

お腹もふくれたデブ二人は播州清水寺

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705215651j:image


f:id:KOBANNAD:20180705215803j:imageお約束wwwwwww


f:id:KOBANNAD:20180705220035j:imageちなみに去年のヤツwwwwwww

 


f:id:KOBANNAD:20180705220108j:image
f:id:KOBANNAD:20180705220120j:image

f:id:KOBANNAD:20180705220208j:image



 

本堂でお勤めをして納経所へ

 

八角朱印をお願いすると、

「すいません書き置きになりますけど構わないですか?」

 

『あ、大丈夫ですよ結構あちこち皆さま書き置きのお寺さん多いですから』

 

「ホンマはきちんとその場で書かないとアカンのやけど、これ渇きにくいもんねぇ。しかも高いしね。何考えとんのやろね」

 

……真面目で素晴らしい方やと思いました。

 

 

 

 

 

しかし西国はやっぱり足並み揃ってないというか、

意思の疎通が無いというかなんというか。

 

 

 

 

そしてこの日最後に

 

 

西国霊場番外札所 花山院さま

 

 

 


f:id:KOBANNAD:20180705221405j:image
f:id:KOBANNAD:20180705221449j:image

まさかの阪急バスツアー遭遇wwwwwww

 

面倒くせぇwwwwwwwwwwwwww←身勝手